デンタルローン審査銀行 歯医者ローン 歯列矯正、インプラント費用お金を借りる 低金利借入なら

デンタルローン審査銀行 歯医者ローン 歯列矯正、インプラント費用お金を借りる 低金利借入なら

WEB審査可能なデンタルローン 比較ランキング 安心銀行カードローン 歯医者治療用にお金借りる

デンタルローン審査銀行 歯医者ローン 歯列矯正、インプラント費用お金を借りる 低金利借入なら

デンタルローン利用可能な銀行カードローン、消費者金融を紹介します。

 

WEB審査可能なデンタルローンがほとんどで、

 

スマホからでも審査申し込み可能です。

 

銀行カードローンや消費者金融にデンタルローンという名前の商品がなくとも、

 

フリーローンという形でデンタルローンを借りることができます。

 

インプラントや保険診療が使えない歯の治療など、

 

デンタルローンは使用用途が明確なので、比較的有利に審査を進められます。

 

デンタルローン利用にお勧めな方

 

・自費診療で高額な治療費がかかってしまう

 

・お金がたまるまでほっとかないで治療したい

 

・最良の治療を受けたい

 

 

実際に、デンタルローンを活用すると、治療内容に合わせてローン利用額を決めることができます。

 

また、分割返済が可能なので、無理なく返済できます。

 

歯の矯正インプラントローンなど、歯の治療にあたってデンタルローンを検討している方は参考にしてみてください。

 

デンタルローンの審査は用途がはっきりしており、審査落ちはほぼないので安心してください。

 

当サイトでご紹介している大手銀行、金融機関に安心してデンタルローン審査申し込みをしてみてください。

 

 

・バンクイックのカードローンをデンタルローンで使う方は非常に多いです。
・三菱東京UFJ銀行ならではの安心感
・金利1.8%−14.6%
・最大融資額500万円
・バンクイックなら来店不要
・三菱東京UFJ銀行ユーザーに人気。

 

デンタルローンならバンクイックが断然おすすめです。

 

 

三菱東京UFJ銀行カードローン 詳細

 

 

 

・みずほ銀行の金利
※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。
・24時間申込み受付可能
最も安くデンタルローンが組めます。
※ご利用は計画的

 

みずほ銀行デンタルローン 詳細

 

 

 

・千葉銀行 金利1.7%−14.8%
・最大800万円まで借り入れ可能
・担保、保証人不要
・提携コンビニATM(セブン銀行・イーネット・ローソン・ゆうちょ銀行・イオン銀行)で利用可能
・ちばぎんなら来店不要
・安心の銀行カードローン(多目的ローン)

 

 

ちばぎんカードローン 詳細情報

 

 

 

・楽天銀行の金利1.9−14.5%

 

・限度額800万円まで

 

・最短30分スピード審査

 

・スマホ、ネットで全て審査完了

 

・楽天スーパーポイント1000ポイントもらえる

 

 

楽天銀行カードローン 詳細

 

 

 

オリックス銀行は、金利の安さと安心感が魅力の銀行カードローンで

 

デンタルローンの代わりとして利用も可能です。

 

オリックス銀行カードローンの魅力
金利:1.7%ー17.8% オリックス銀行ならではの低金利!
利用限度額:最高800万円
提携ATM利用手数料:無料
月々の最低返済額(借入額30万円以下の時):7000円
利用可能となる銀行:三井住友銀行 ゆうちょ銀行 セブン銀行 E-net LANs イオン銀行 三菱東京UFJ銀行 西日本シティ銀行

 

 

オリックス銀行カードローン 詳細

 

 

6位  プロミス

 

・金利 4.5−17.8%
・利用額 1万円−500万
・30日間無利息 
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
・スマホから申込み可能
・主婦、パート・アルバイト、学生の方も平日14時まで審査申込み完了で即日融資も可能
・20〜69歳までの安定収入のある方

 

 

プロミスデンタルローン おすすめ消費者金融

 

 

7位  SMBCモビット

 

デンタルローンでSMBCモビットを使う人が増えています。

 

その理由は、担保保証人なしでお金を借りれて

 

WEB完結であれば、書類で審査が完了する消費者金融だからです。

 

職場連絡なしでお金を借りることができるので重宝されています。

 

実質年利3.0〜18.0% 

 

アルバイト、パート収入ある主婦や学生もお金を借りれます。
(安定した収入のある方)

 

1万円から限度額最大800万円 

 

・10秒簡易審査
当日振込(即日融資)には、14:50までに審査&振込み手続き完了すれば可
※14:50までの振込手続完了が必要です。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

東京三菱UFJか三井住友銀行の口座をお持ちなら、

 

職場電話確認なし、SMBCモビットの封筒なし、SMBCモビットからのメールなしというサービスがSMBCモビットWEB完結で

 

歯の矯正やインプラント、デンタルローンにオススメです。

 

↓SMBCモビットで今すぐキャッシング
SMBCモビット

 

SMBCモビットデンタルローン お勧め消費者金融

 

 

 

8位  アイフル

 

アイフルは勤務先在籍確認なしでお金をかりれる消費者金融です。

 

他社消費者金融で融資否決になった場合でも、

 

アイフルで借りれたという方も多く、

 

アイフルの審査に申し込む価値はあります。

 

 

借り換えローンで従来の消費者金融からの借金を返済して金利を下げたりと、

 

柔軟性のある金融機関です。

 

 

・アイフル金利4.5%−18.0%
最低1000円から借り入れ可能で、限度額500万まで融資可能
・即日融資可能
・最短30分で審査完了
・来店不要で融資完了
・派遣社員、パートアルバイトもキャッシング可能です 
※満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方
・担保不要 連帯保証人不要
・総量規制対象内なので、年収1/3までが上限

 

 

アイフルデンタルローン 詳細

 

 

第9位  住信SBIネット銀行カードローン

 

・金利0.99%〜14.79%
・利用限度額最高1200万円
金利で選ぶならMR.カードローンがおすすめです。

 

住信SBIネット銀行カードローン

 

住信SBIネット銀行カードローン 詳細

 

 

上記銀行のほかにも、スルガ銀行デンタルローン三井住友銀行デンタルローン

 

りそな銀行デンタルローンデントキュアデンタルローン(ジャックス)スマイルラインデンタルクレジット

 

親和銀行アプラスデンタルローン東京スター銀行デンタルローンなどがあります。

 

また各歯医者でデンタルローンを用意しているケースもあるので、

 

インプラントやブリッジング、歯列矯正、差し歯などを検討中の方は、通っている歯医者さんに相談してみてください。

 

デンタルローンでインプラントを検討することをお勧めします。

【デンタルローン】当サイトオススメ クレジットカード

 

アコム ACマスターカード

 

ACマスターカードは最短即日発行可能で、

 

ショッピングだけでなく、

 

キャッシングも可能なクレジットカードで多くの方に重宝されています。

 

手数料率、実質年率 10.0%〜14.6%

 

年会費も無料で、審査も柔軟なACマスターカードオススメです。

 

また、カードのデザインもよく、申し込みの手続きも簡単です。

 

歯科インプラントの費用はどのくらい?デンタルローンの利用で賢く歯科治療

 

実際にインプラントや、歯列矯正、審美施術などは、

 

自費診療なので非常に費用が掛かります。

 

治療を希望するなら、インプラント一本あたりにかかる費用の相場をチェックしておいてください。

 

インプラント治療一本あたり、30万程度が相場です

 

治療を希望する人によっては、

 

国からの補助治療が加わりますが、費用は歯科医院ごとで異なります。

 

また、インプラントは、立地、設備、使用材料などによっても異なるので

 

複数の歯医者に相談し見積もりを取ってもらうことをお勧めします。

 

一生付き合う歯ですから、じぶんの納得のいく値段で治療を開始するようにしましょう。

 

デンタルローンには、銀行の多目的ローン(フリーローン)と、信販会社のデンタルローンがあります

 

高額医療費を自費で出すことになるので、下記の選択肢を使うケースがほとんどです。

 

銀行多目的ローン

 

信販会社のデンタルローン

 

クレジットカード

 

いずれも使い道が明確なので、利用限度額が高く金利が安い特徴があります。

 

また、医療費控除で節税につなげることも検討できます。

 

デンタルローンを扱う信販会社は、ジャックス、スルガ銀行、オリコクレジット、などがあります。

 

デンタルローンで利用可能な、歯の治療一覧

 

下記にデンタルローンで利用可能な治療項目を紹介していきます。

 

いずれにしても高額治療になるので歯医者と相談のうえ、

 

決めてみてください

 

インプラント治療

 

歯列矯正治療

 

審美歯科治療

 

その他の歯科治療

 

デンタルローンは、金利やどのくらいまで分割可能?デンタルローンの審査は?

デンタルローン審査銀行 歯医者ローン 歯列矯正、インプラント費用お金を借りる 低金利借入なら

歯列矯正や、インプラント治療を行う際に、

 

たいてい100万円から300万円くらいの治療費がかかります。

 

自由診療なので、保険が適用にならず、全額自己負担になってしまうのですね。

 

その際に、活躍するのが、デンタルローンの存在です。

 

デンタルローンという商品を扱っている銀行は少ないので、なじみがないかもしれませんが、

 

みずほ銀行であれば、多目的ローン

 

三菱東京UFJ銀行であれば、バンクイック

 

などの銀行カードローンを申し込み、

 

お金を借りる審査に通過すればカードローンをデンタルローンとして使うことができます。

 

デンタルローンの支払い方法と金利について要チェック

 

デンタルローンを申し込むにあたり、支払い方法と金利については確認しておいてください。

 

分割支払いに関しては、各銀行によって異なりますが、基本的に制限はありません。

 

分割回数が多くなるほど、金利支払いは多くなるので、その点は申し込み時に銀行に確認してみてください。

 

また、インプラント治療や、歯列矯正の際のローン金利に関しても、利用金額によって異なりますが、

 

100万円から300万円の幅の金利をチェックしておけばいいでしょう。

 

 

みずほ銀行デンタルローン 金利

 

みずほ銀行デンタルローンは、

 

借り入れの金額によって金利が異なりますのでチェックしてみてください。

 

100 - 200万 12.0%
200 - 300万 9.0%

 

みずほ銀行デンタルローンの詳細はこちらです

 

 

三菱東京UFJ銀行カードローンの金利

 

三菱東京UFJ銀行カードローンの金利も、借り入れ額によって異なります。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン 詳細はこちらです

 

上記、参考にしてみてください。

 

デンタルローンの審査についてですが、利用目的ははっきりしているので、

 

ほとんどの場合審査落ちすることはないといえます。

 

過去によほど消費者金融の返済延滞があった

 

ブラックリストに載っているということがなければ大丈夫です。

 

一度申し込んでみてください。

 

 

デンタルローンの返済シミュレーション

 

インプラント手術

 

インプラント手術で実際にかかったお金と支払総額などの返済シミュレーションをご紹介していきます。

 

インプラント段階埋入法でで上顎洞挙上術(サイナスリフト・ソケットリフト) 返済シミュレーション1本治療で40万かかったケース

 

40万デンタルローンでお金を借り入れ

 

金利 5.9%で36か月払いの場合

 

毎月の分割支払額 12,151円

 

支払総額 437,436円

 

 

インプラント抜歯即時埋入2本行い、ソケットリフトで100万円かかったケース

 

100万円デンタルローンでお金を借り入れ

 

金利 5.9%で60回払いの場合

 

毎月の分割支払額 16,526円

 

支払総額 1,189,872円

 

インプラント治療の費用について デンタルローンでキャッシング可能?

デンタルローン審査銀行 歯医者ローン 歯列矯正、インプラント費用お金を借りる 低金利借入なら

歯医者で行われる治療の1つにインプラント治療が有り、注目を集めています。

 

インプラント治療は、健康保険適用外の治療で、

 

自由診療扱いになるので全額自己負担となるのです。

 

全額自己負担というと、かなりの金額になります。

 

実際、インプラント治療の相場は300万円前後であり、

 

キャッシュ一括支払できる人は多くはありません。

 

現実、みずほ銀行や、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、プロミスなどでデンタルローンという形でお金を借りて、

 

治療を行う方が多いのです。

 

インプラント治療としては厚生労働省の認可が下りているので安心して受けられます。

 

自由診療になると、治療を提供している医療機関側で治療費を決定します。

 

医療機関によって治療費、価格設定がバラバラになるので、事前の情報収集が大切です。

 

インプラント治療では人工歯根や人工歯等を使います。

 

インプラント治療の材料も歯医者によって違い、費用に差が出てくるのです。

 

どの位の費用になるのか想像が付かないかもしれませんが、事前に該当の歯医者に確認したら教えてくれます。

 

最近は、インプラントによる治療を行う人が増えてきており、

 

インプラント治療を行う歯医者が増えてきている事から、

 

大体この位の相場であると言う相場金額は分かります。

 

歯医者がある土地等も考慮されますが、通常インプラント治療は1本あたり大体20万からが相場です。

 

高い歯医者になると、1本50万円で治療するところもあります。

 

この金額の差は質の良し悪しでは有りません。

 

安いから不安だとか高いから安心というよりは、その歯医者さんの評判をしっかり調べて選ぶようにしてください。

 

使っている材料、その歯医者が有る立地等からはじき出されている費用だと思います。

 

インプラント治療を行う事を考えている場合、

 

予備知識として大体のインプラント治療の費用相場はかなり大切です。

 

インプラント治療についてはかなり高額な治療法で有る事が分かりますので、

 

ご自分の歯の状態を歯医者と相談して納得した上で行う様にしてくださいね。

 

インプラントを決意されたなら、ローンを利用して、治療することを検討してみてください。

 

デンタルローンの際にキャッシングと融資注意点

デンタルローン審査銀行 歯医者ローン 歯列矯正、インプラント費用お金を借りる 低金利借入なら

キャッシングや融資によってお金を借り入れする時に、いくつか注意しておきたい点があります。

 

最初に確認しておきたいのは、返済時に利子を計算する元になる金利です。

 

短い期間で借り入れるキャッシングは、どうしても金利が高めに設定されがちです。

 

とくにリボ払いなどのようにキャッシングで借り入れて分割で払う場合などは、1回払いよりも金利は高くなります。

 

何%の金利でキャッシング融資を受けるかは、申込み前に知っておきましょう。

 

キャッシングを利用する時には審査は避けて通れませんが、

 

銀行系や信販系の審査は、消費者金融系の審査と比較すると通りにくいケースが多いです。

 

それは、デンタルローンに関しても同様です。

 

審査する時の条件が厳しくない反面、金利が他よりも高く設定されているケースもあります。

 

デンタルローン、インプラントローンに申し込む際には、その点をよく確認してから申し込みをしなければなりません。

 

最近は、たくさんの人にキャッシングや融資といったお金を借りる方法を知ってもらう為に、

 

デンタルローンでも無利息の期間を設けたサービスも人気があります。

 

キャッシング会社によっては、一定期間の融資を無利息にするケースもあります。

 

お金を借りるなら、金利のかからない期間のあるサービスを選ぶなど、上手に利用しましょう。

 

当たり前のことですが、人から借りたお金は、借りた時の約束ごとに基づいて、きちんと返すことです。

 

多少の不測事態があっても対応できるように、

 

デンタルローンでも余裕を持って返済プランを立てた上で、貸付条件を確認してキャッシングや融資を利用することが重要です。

 

学生さんがデンタルローンでお金借りるときの注意点について

デンタルローン審査銀行 歯医者ローン 歯列矯正、インプラント費用お金を借りる 低金利借入なら

経済的に学生は社会人よりも弱いので、お金借りる学生は慎重に行動すべきです。

 

歯科ローンやデンタルローンはれっきとしたキャッシングです。

 

安易に動いた場合、自分一人の力では返済が出来ず、

 

家族や友人に多大な迷惑をかけ、最悪の場合は人間関係を失う事もあります。

 

それはデンタルローンを活用して、歯の治療する場合でも同様です。

 

昨今、消費者金融が手軽に利用出来るようになりました。

 

お金借りる学生が消費者金融を使うケースが増えています。

 

一方、消費者金融で借りたお金を返済出来ずトラブルに陥ったり、

 

別の業者や非合法な業者から新たにお金を借り、莫大な借金に苦しめられるケースが出ています。

 

お金借りる学生は短期的な楽しみよりも返済の事をより多く考えて借りるようにすべきです。

 

また、経済的に困窮しているために借りる時は、

 

長期的に考えて自分の心身へのダメージが少ない所で借りるようにした方が良いです。

 

デンタルローンでお金借りる当人は、短期的な視点で行動するのではなく、

 

長期的な視点に立ち、将来の生活や仕事に悪影響が出ないように注意を払うべきです。

 

お金を借りた場合は計画的に返済するようにします。

 

行動の仕方によっては友人や家族の信頼だけではなく、社会的な信用や信頼を失う事になります。

 

安易にお金を借りるのではなく、客観的に自分自身を整理してから借りた方が良いです。

 

歯科ローンやデンタルローンを借りる場合、返せるシミュレーションを立ててくださいね。

 

20代の若い女性にぴったりなデンタルローンはオリコカードローン

東京都内に勤務する25歳の女性です。

 

私の仕事上、どうしても見た目が大事です。一日沢山の人と会って話をするので、見た目に気を使わなければいけません。

 

見た目には自信があった私でも、一番のコンプレックスは歯にありました。

 

今のうちに審美治療をしてキレイな歯にしておきたいと思いました。

 

私は銀座の歯科治療院に通っています。虫歯の治療と違い、治療費が高額になりがちです。

 

私の場合も、歯の治療にかかったお金が75万円でした。それでも安い方と歯科医には言われました。

 

定期的な収入があったものの、一括で支払えない私は、オリコのデンタルローンを利用することに決めました。

 

分割払いが使えて、その上金利も年利は9%と、私の十分支払える範囲内の額でした。

 

インターネットから申し込みをしましたが、定期的な収入があったので審査は問題なく通れました。

 

申し込んでから実際にローンを組めるまで、約1週間で終わりました。

 

スピーディーにローンが組めるので、使いやすいローンだと思いました。

 

審美歯科に通ったおかげで、お客様から「最近キレイになったんじゃない」と言われることが増えました。

 

やはり歯は大事だと思いました。高額になりやすいホワイトニングや歯列矯正でも、

 

オリコのデンタルローンを使えば安心して美しい歯になれます。見た目を気にする女性にはオリコのデンタルローンを使ってほしいです。

 

スマイルラインは高額な歯科治療、デンタルローンにぴったり

27歳の女性です。東京都内に勤務するOLです。

 

私の仕事は受け付けで、見た目を気にしなければいけません。

 

そのため、歯の治療は欠かせません。

 

私の会社に来るお客様にも、笑ったときに白い歯を見せてあげることが大事です。

 

受け付けのイメージがその会社のイメージといっても言い過ぎではありません。

 

このようなわけで。歯医者に行くことが私は多いです。

 

普段から指摘を取ったり、汚れを取り除いたりしています。

 

就職する時には、歯列矯正を行いました。歯の治療中でもお金がかかり、その時は75万円がかかりました。

 

支払いについては高額になることはわかっていました。

 

私はスマイルラインというデンタルローンを利用しました。

 

スマイルラインは、歯の治療代のためのローンです。治療費が高額になっても分割で支払うことができます。

 

私が通っている審美歯科で、スマイルラインをドクターから紹介されました。ドクターの紹介なら、安心して申し込めると思いました。

 

受け付けの仕事で毎日充実しています。この間もお得意様から「いつも歯が綺麗だね」と褒められています。

 

充実した仕事ができるのもいつも通っている審美歯科のドクターと、支払いをサポートしてくれるスマイルラインのおかげです。

 

歯の治療費が高額になる人は、デンタルローン「スマイルライン」を利用してほしいです。

 

デンタルローンは年金生活でも組める?どうしてもお金が必要

 

歯の治療に利用できるデンタルローンはカードローンやクレジットカードの分割払いよりも金利が低いため、

 

高額になる自費治療を受けるときには利用を検討すると良いでしょう。

 

気になる利用資格はデンタルローンによって異なりますが、一般的に20歳以上で安定した収入があることになっています。

 

一般的な会社員で収入を得ていれば問題ないでしょう。

 

ここで、年金生活者はどのような扱いになるかというと、単独では利用できないことがあります。

 

まず、収入面で問題があり、年金収入のみでは安定した収入に含めないところがあります。

 

アルバイトで収入を得ていれば良いかというと、パートやアルバイトも対象外にしているところがあります。

 

次に年齢面でも問題になることがあります。

 

利用できる上限年齢として、例えば申し込み時が65歳未満で70歳までに完済できること、のような制限のあるデンタルローンもあります。

 

年金生活をしているのであれば年齢は60歳以上になるため、この上限にかかることがあります。

 

ただし、収入や年齢が利用条件を満たしていなくても連帯保証人を付ければ利用できるデンタルローンもあります。

 

単独で組めるデンタルローンがなかった場合は家族に相談して保証人になってもらいましょう。

 

デンタルローン シュミレーション 返済のモデルケースをチェックしてください。

 

一般的にいってローンの種類については、元利均等返済と元金均等返済があり、法人企業が銀行等から証書貸付の形態で資金を借り受けする場合は元金均等返済となります。

 

返済後残高に対して金利がかかることになるため、返済が進むごとに支払利息が減っていくことになるのです。

 

逆に個人が銀行等から住宅ローン、マイカーローン等を借り受けする場合は、元利均等方式での返済となります。

 

毎月の返済額やボーナス返済を併用した場合においても、支払う金額は毎月一定、毎回のボーナス返済においても一定金額の返済となるのです。

 

この仕組みは毎月の元金返済部分と利息返済部分とをミックスさせることによりローン借入当初は利息返済分を多くし、

 

元金返済部分は少ない金額でスタートすることになるのですが、

 

より低金利のローンで借りた場合は、当然ながら元金返済+利息返済も少なくなるので返済負担も軽くなり生活のアシストになるといえるのです。

 

医療保険が効かない分野である、歯の矯正治療やインプラント治療に対してローンを組むという姿勢が各金融機関に於いて取組まれつつあります。

 

適用金利については、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンと比較して安くはない金利が適用されているようです。

 

金融機関によってもバラツキがあるようですが、大凡4%台が適用金利となっているのではないでしょうか。

 

 

フリーローンやカードローン等では金利が2ケタに上ることも多いことから、徒に高い金利を適用しているわけではなさそうです。

 

金融機関は需要があり、目的がはっきりしていること、ローンを借入する世帯を詳細にマーケティングしますから、デンタルローンは有望なマーケットとして、比較的借りやすいレートでローン商品として設計しているのだと考えます。

 

デンタルローン50万円を金利4.5%で2年間の期間で借入した場合、ボーナス返済無しの毎月支払とした場合の返済額は月額21,823円となります。

 

2年間の利息相当額は23,752円となります。ボーナス併用返済でローンを組んだ場合は、月額返済は10,911円、ボーナス時加算額は65,812円となります。

 

2年間の金利相当額は25,124円となりますから、ボーナス返済無しの方式と比較し1,372円程度割高になるのです。

 

ボーナス返済併用の場合のメリットは月返済額を軽減できるというメリットがあるわけですが、サラリーマンが所属する会社業績が苦境に陥り、ボーナスが支給されないということもないわけではありません。

 

不測の事態も想定のうえ月々の返済負担が増したとしても50万円程度のローンであれば、毎月返済を選択したほうが得策だといえそうです。

 

 

 

医療ローンを借りて歯科で使いたい!審査の流れ

 

メディカルローンとも呼ばれる医療ローンは、主に保険の利かない医療行為や美容行為に使われることが多い目的型ローンです。

 

保険が利かない医療行為に対しての費用は当然高額になり、目の二重手術は20〜30万円、レーシック手術は約10万円、歯の矯正の場合では100万円以上かかるケースもあります。これほどの金額となれば一括で払える金額ではないために、ローンを利用するわけです。

 

何百万単位の治療費も珍しくはないインプラントや、矯正歯科、審美歯科など保険が利かない実費費用で高額な治療費になるケースが多い歯科では、医療ローンを利用する人は多いです。

 

別名デンタルローンと呼ばれており、信販会社などが患者に代わって歯科に治療費を立て替え払いをし、患者は信販会社などに毎月決められた額を支払います。

 

 

このような医療ローンの利用が向いている人とは、自費治療だから妥協したくないと考えている人、お金はないが治療を優先させたい人、後回しにしたくないといった健康を考え治療を最優先に考えている人です。

 

また、最良の治療を無理なく続けたい、毎月無理なく支払いたい、金額だけで医療や治療を選びたくないなど、お金のハードルがなければ治療をしたいという人には利用は向いていると言えます。

 

 

この医療ローン(デンタルローン)のメリットは、治療内容に合わせて利用額が決められる、分割回数が多く余裕をもって返済できること、病院が窓口となっていることが多く手続きが簡単なところです。

 

また、デンタルローンに限れば最大84回払いで負担のかからない返済回数、利用額で最大500万円まで借りられること、分割手数料も優遇されていることが特長と言えます。

 

高額な医療費を分割で支払う方法は、他に多目的ローンやクレジットカードなどがありますが、他よりも限度額が大きく金利は安いです。

 

また、医療控除の対象となるので節税対策にもなります。

 

 

ただ注意しなければいけないのは、審査があること、ローンを取り扱っていない病院も少なくないこと、分割手数料が発生することですので、利用を検討する場合には考慮する必要があります。

 

 

では気になる審査の流れですが、申し込み資格は信販会社などによって異なる場合もありますが、原則20歳以上でサラリーマンなど安定したある人だとまず大丈夫なようです。

 

主婦や年金受給者などは、連帯保証人付きで利用することが多くなっています。では20歳以上の学生はどうなのかといえば、連帯保証人をつけることや身分証明書などを持参することで大丈夫なようです。

 

収入がない無職の人はさすがに審査に通るかはグレーゾーンか厳しいようです。それでも家族名義の申請でローンの利用ができる場合がありますが、こちらも連帯保証人が必要なケースは多いようです。

 

 

ほとんどが20歳以上の成人が対象となっていますが、18歳以上でもローンを組める信販会社もあります。

 

要件は容器の学生と同じようで、他にも学生専門ローン会社もあり、そちらでキャッシングするすることも選択幅のひとつと言えます。

 

医療ローン利用時は信販会社など金融機関ににもよりますが、書類の提出が必要になります。

 

まずは収入を証明する書類で、会社が発行する源泉徴収書や給与証明書、所在地の自治体が発行する住民税課税(非課税)証明書などです。

 

ただし、借入額によっては提出しなくてもよいケースがありますが、各金融機関によって金額にばらつきがありますので確認が必要です。

 

 

他では本人確認書類として運転免許証、健康保険証、住民票などの公的な書類の写しなどです。

 

ローン申込書などの書類の記載、保証人が必要な場合はその保証人の名前と確認や証明できる書類の提出も必要になってきます。

 

ローンを利用することで留意する必要があるのは、資金には余裕を持ち治療のめどはきっちりと確認しておく必要があることです。

 

 

歯の治療というのは高額であり継続して治療を行う必要があるからで、

 

途中で治療を辞めてしまえば、次はまた初めからということになってしまえば、また高額な治療費を一から支払うことになります。

 

また、治療費のめども確認しておかないと、後にどんどん治療費が膨らんでしまう恐れがあります。

 

計画的にローンを組むためにも確認しておくべき事項です。

 

審査が通り、申し込むとなれば、歯科医院から申し込むか審判会社から直接申し込むかの2パターンがあります。

 

そして借り入れたお金の受け取りは方法は、直接審判会社から歯科医院に振り込まれるか、契約した本人名義に振り込まれるかのどちらかのようです。

 

日本では国民皆保険制度が確立しており、病気やケガの治療をしても医療費は抑えられますが、

 

先進医療の発達や健康意識の高まりから、自由診療が増えるなど保険が利かない医療も増えています。

 

またクレジットカードが使えない医療機関も少なくないなかで、高額な医療を受ける手段として医療ローンは、自ら健康を守るための手段の一つとして今後も利用者は増えそうです。

 

歯科矯正の値段と期間は インビザラインの費用を比較 技術も違いあり?

 

歯科矯正とは悪い歯並びや噛み合わせなどを治療することです。歯並びや噛み合わせの悪さは審美的なコンプレックスになるだけではなく、しゃべりにくい、口を閉じづらい、虫歯になりやすい、頭痛の原因になる、咀嚼不足になるなど生活に支障をきたしたり、体調不良の原因にもなります。

 

なお、治療方法は一般的には歯を削ったり抜いたりするのではなく矯正装置を使って歯やあごの骨を少しずつ動かして歯並びや噛み合わせを調整してきます。

 

まず、歯科矯正にかかる費用ですが、まず治療前の診察や相談や精密検査などが数万円かかり、
実際の治療にあたっては矯正基本料金や矯正器具代で60万から100万円、治療中に矯正器具のワイヤーやマウスピースなどの微調整が必要なばあにはその都度、数千円の調整料がかかります。

 

また、矯正装置を取り外した後も歯が矯正前の状態に後戻りを防ぐリテーナーと呼ばれる装置に数万円、経過観察によりメンテナンスが必要となった場合には数千円の費用が発生します。

 

こうしてみると、かなり高額な費用が必要となりますが、それには理由があり歯科矯正は審美的な治療であるといったニュアンスが強いため保険が適用されないからです。

 

しかしながら顎変形症などの症状は骨の形の異常という病気として扱われるので、保険が適用されます。

 

また、出っ歯や受け口、顎のゆがみなどで外科手術による矯正が必要な場合にも適用内となります。

 

次に、矯正の期間ですが、子どもの場合には永久歯が生えそろう前に行う「一期治療」の期間が一般的に半年から1年ほどになり、その後永久歯がすべて生えそろった段階で必要であれば「二期治療」を行いますが、2年程度が目安となります。

 

しかしながら、子どもは10代半ばまであごの成長が続き、その頃まで矯正治療が続く場合があります。

 

また、大人の場合は1年半から2年半での治療が一般的ですが、場合によっては5年以上の期間が必要なこともあります。

 

なお、歯科矯正は矯正器具が目立つため、治療期間、笑う時や食事の時に気になるといった人も多いですが、そういった方のためにインビザラインという矯正方法もあります。

 

インビザラインは薄い透明のマウスピースを装着する治療法なので、周りの人から気づかれにくいメリットがあります。

 

また、金属アレルギーの方でも使用が可能です。治療費については50万から100万程度と言われています。

 

また、歯科矯正には専門医と一般医があり、技術に差がある場合もありますので、注意が必要です。

 

歯科矯正ローンは学生でもお金借りれる?バイトしてないので不安

 

虫歯ができれば通うことになる歯科医院ですが、何も虫歯治療だけをおこなうのが歯科医院の役割ではありません。

 

虫歯がないかどうかをチェックする意味での検査を受けるために通うこともあれば、クリーニングやホワイトニングなどのために通うこともあります。

 

特に毎日きちんと歯磨きをしていても歯石が付着してしまい、意外とこれが虫歯の原因になることもある上、取ってもらうとかなり口内がスッキリするために気持ち良くて頻繁に通う方もいるものです。

 

また、それ以外に歯科医院が請け負う仕事のひとつとして知られているのが矯正です。

 

歯科矯正は生えてきた歯の並びが好ましくないようなケースにおこなわれることが多いものです。

 

保険適用外の治療となるため、そのコストは一般的な歯科治療よりも大きくなりますが、歯科矯正を勧められた際にコストだけを理由にして断る事態は避けておきたいものです。

 

なぜなら歯科医院側もお金儲けだけを目的に歯科矯正を勧めているわけではないからです。

 

歯科矯正をおこなうほうが患者さん本人にとってメリットが大きいと判断していることがほとんどなのです。

 

たとえば、そのままの歯並びで過ごしていった場合には虫歯ができやすくなってしまう、

 

もしくは上下の歯がしっかりとかみ合っていないためにそのまま放置すれば様々な悪影響が出てしまうというような場合です。

 

さらに、稀にあるのが虫歯によって抜歯という結果になってしまったものの、その歯を補う意味で矯正歯科によって歯の位置を変えて、問題のない歯の環境を整えようというようなケースです。

 

このように本人の歯を守る意味で重要な矯正が多いため、基本的には前向きに考えておきたいものです。

 

歯は人生において最後まで大切に使用したいものですし、そのために矯正が必要ならばしっかり受け止めておきたいものです。

 

しかしながら、このように大切さはわかっていても経済的な事情で厳しい方も多いはずです。金額が数十万円や数百万円に及ぶこともあるからです。

 

特に学生などの場合、若いうちに矯正したほうが歯がしっかり動くと言われていることから、前向きに検討したい気持ちがあっても経済的に悩んでしまうことも多いはずです。

 

しかし、今はこうした治療目的のローンもあります。さらに、学生であってもローンが組めることもあります。

 

また、仮にローン以外の選択肢をとるならば、自費診療のためにクレジットカード払いも可能なケースが多いのです。

 

そのため、カードで支払いをおこない、それを分割で返していくという手法もありますので、いろいろな形でコストの問題をクリアにして、その上で矯正という治療としっかり向き合ってください。

 

歯科矯正ローン審査基準 歯ががたがたで歯並びが悪いので矯正したい

 

歯並びの矯正を行うのであれば、健康保険が適用できずに高額になってしまうので歯科矯正ローンやデンタルローンと呼ばれるものを利用すると金利が低く、返済期間を長くできるので月々の返済の負担が小さくなって便利です。

 

利用するには審査に通らなければなりませんが、基準としては最低でも通常のカードローンに通るような属性である必要があります。具体的には年齢は20歳以上(親の名義で借りる場合は18歳以上)であり、安定した収入が求められます。

 

なお、銀行だけでなく信販系や消費者金融でも扱っているローンなので総量規制が気になるところですが、このローンは対象外になるので年収の3分の1以上の治療費になっていても法律上の制限を受けません。

 

カードローンと比較した場合に重視されるポイントが収入の安定性です。

 

返済回数は各社で異なっていますが、長いものでは84回や120回などの非常に長期の返済にもできます。

 

ここで問題になるのが雇用形態が不安定であればこの期間に職を失って収入が途絶えてしまい、返済できなくなる危険性が高くなります。

 

そのためアルバイトのような収入が低く、不安定な雇用形態であれば信用を得にくいので利用が困難です。

 

しかし、大学生などが利用するのであれば通常はアルバイトでしか収入を得られないため、審査に不安がある場合は親の名義で契約した方が良いでしょう。

 

 

他社の契約、借り入れ状況も審査に影響します。

 

ローンは信用を得て増額すると金利が下がって有利な借り入れができますが、

 

これを行わずに複数の契約で借り入れを増やしていると、増額審査に通らない信用に問題のある人物だと判断されます。

 

4社以上と契約していると通りにくくなることが多いです。

 

また、借り入れ残高が高ければ返済能力も下がるので信用されません。

 

個人信用情報機関の異動情報と各社の自社記録にも注意しなければなりません。

 

ローンやクレジットカードの支払いで2か月以上遅延する、または債務整理を行うと異動情報が記録されて5年間は保持されます。

 

審査で参照されるため、異動情報があるとトラブルを起こす危険性があるとされて機械的に落とされます。

 

自社記録はこのようなトラブルを起こされた会社が独自に残しておくものであり、一般的に保持され続けるので時間が経過しても把握できます。

 

そのため、過去にトラブルを起こしたことがある会社で用意しているローンは契約できないと考え、他のローンに申し込んだ方が良いです。

 

 

歯科矯正治療の料金はどのように払う?分割支払い可能かどうか

 

歯科矯正治療は、一般的には健康保険が適用されません。虫歯等の疾病を治す目的ではないため対象外となるのです。

 

自費診療扱いになり、患者本人や保護者が歯科矯正治療費を全額負担する必要があります。

 

ただし、先天的な病気や症状のため矯正が必要となった場合は健康保険が適用されることがあるので相談してみるといいでしょう。

 

歯科矯正をするには患者の骨格と歯並びの状態を見て治療費が決まるため、治療費が数万から数十万程度と幅広いです。

 

一般的な治療費は上下の歯並びを治療した前提で考えると、矯正後の通院期間と合わせて80万円〜120万円ほどかかると考えられています。

 

当初の治療計画を立てた時に、医師から費用についての説明をする医院が多いでしょう。一般的な家庭では一括で支払うのは難しいと思われます。

 

その場合は、金融機関のローンを利用して決められた回数で一定額ずつ支払うことが可能です。返済は一般的な分割払いと同様に、決まった日に銀行引き落としで支払えるでしょう。

 

病院によっては、歯科矯正専用のローンを紹介できる場合があります。

 

医院と提携しているので用意する書類も少なくスムーズに申し込みから契約までができ、支払いについても患者側の手を煩わせることなく手続きをしてもらえる場合があります。

 

信販会社と提携していることが多く、金利が比較的高いことがあるので確認するようにしてください。

 

自分でローンを申し込む場合は、利用している銀行が扱っていれば医療ローンの利用ができます。金利が低めで総支払額を抑えられるでしょう。

 

金利が低い分審査に時間がかかることがありますし、治療計画書などの使い道が分かる書類を提出する必要があります。

 

急いで治療をしたい場合や書類の提出を最低限にしたい場合に向いていないことがあるので、期間に余裕があるなら検討してみるといいでしょう。

 

歯科矯正を受ける目的が見た目を良くする審美目的の治療ではなく、かみ合わせの良くする目的で行うのであれば医療費控除ができる場合があります。

 

治療費と医院に出向くバスやタクシー等、公共機関の交通費を合わせた金額が10万円以上となる場合に控除を申請でき、所得税と住民税が減税されます。

 

ローンを利用していたとしても対象となりますが、利息や手数料は対象外ですので気をつけてください。治療をした翌年の2月〜3月に確定申告をする必要があります。

 

確実に納め過ぎた税金が戻ってくる場合は1月から還付申告を受け付けていますので、早めに申告するといいでしょう。

 

 

歯の矯正をしたいがお金がない月々いくら払って金利はどのくらい?

 

歯科矯正は悪い歯並びを良い歯並びにする治療です。歯科治療では虫歯や歯の欠損などが健康保険の対象となりますが、

 

 

歯並びを良くする、または綺麗に見せるための治療は日常生活に支障を来すものではないため、健康保険の対象とはならず治療費は自己負担になります。

 

このため治療には相応の費用が掛かりますし、また矯正内容によっては治療に時間が掛かります。

 

歯列を矯正する方法としては、ブラケット矯正とマウスピース矯正があり、ブラケット矯正では歯にワイヤーを固定する器具を装着し、ワイヤーを徐々に縮めることに歯を移動させます。

 

マウスピース矯正も同様に少しずつマウスピースの形を変えていき、歯を移動させるというものです。

 

この2つの方法は年単位の時間が掛かりますが自身の歯を利用することができるので自然な歯並びにすることができます。

 

ただもとの歯の状態が悪い場合には矯正が行えないケースもあります。

 

一方で矯正とは異なりますが、審美歯科で行われる方法としては歯を削ったりしてセラミック製の歯を装着する方法もあります。

 

こちらは自身の歯を傷つけるというデメリットはありますが治療時間も短く費用も矯正するよりも費用を安くすることができます。

 

費用としては、トータルでは80万円から120万円程度ですが歯の状態によって変わってきます。

 

ただ100万円程度の出費は必要ですから簡単に行えるものではありません。このため歯の矯正をするさいにはローンを利用する人も多くいます。

 

ローンはカードローンやキャッシングなども使えますし、銀行の医療目的のローンを使うことができます。

 

またクリニックが用意しているデンタルローンもあります。

 

このデンタルローンはクリニックと契約している信販会社が立替払いをするもので治療費は信販会社に月々返済していくというものです。

 

ローンを利用した場合には金利や手数料が発生します。

 

用途を定めないカードローンやキャッシングの場合には、借り入れられる金額によって変わってきますが、100万円以上を借り入れする場合には年利15%は必要です。

 

カードローンやキャッシングはもともと高金利ですから医療費用を長期的に借り入れるのには不向きです。

 

一方でデンタルローンの場合には医療を目的としているので手数料は低めに設定されていますし、借り入れ限度額にも余裕があり500万円程度まで利用可能です。

 

金利も実質年率6%前後と金融機関を利用するよりも遥かに低い金利で返済が可能です。

 

一般的なモデルケースとしては100万円の治療を行って3年(36回払い)を選択した場合には、毎月3万円程度の返済で金利は10万円程度になります。

 

 

デンタル ローン 一括と分割支払いどちらがいい?安くお金を借りたい

 

通常の歯科治療であれば健康保険が適用できるので一括払いで対応できますが、審美目的に分類される場合は適用されずに高額になるため、分割払いの利用も検討すると良いでしょう。

 

支払い方法としては一般的には一括払いの利用が金利手数料が発生しないので総額を抑えられます。資金に余裕があればこの方法で問題ないでしょう。

 

分割払いとしていはいくつかの方法がありますが、どの歯科でも適用できるものにデンタルローンがあります。

 

信販系の会社や銀行で用意されている目的ローンであり、用途が歯科治療に限定される代わりに低金利で借りられます。

 

長いものでは120回まで分割できるので月々の返済額も抑えられるので高額の治療を利用しやすくなりますが、あまり長くし過ぎると利息の総額が増えてしまうので自分の返済能力に合わせた回数にしましょう。

 

ただし、一部適用できない治療もあるので確認しましょう。ローンなので利用するには審査に通る必要があり、収入がなければ落とされます。

 

年齢も20歳以上でないと契約できませんが、未成年でも親の名義であれば借りられます。長期間の返済になるため、収入が途絶える危険性の高いアルバイトやパートは利用が難しくなります。

 

なお、信販系でも総量規制の対象外になるので年収の3分の1を超える金額でも借りられます。

 

申し込み方法として、歯科が提携していればその場で申し込めます。提携していない場合は自分で利用できる金融機関を探します。

 

 

一般的なカードローンも用途が自由なので歯科治療に使えますが、これは金利が高くなり、信販系や消費者金融から借りるのであれば総量規制の対象にもなるので注意しましょう。

 

デンタルローンとして紹介する人もいますが、異なるものなので間違えると返済の負担が大きくなり、必要な金額を借りられないこともあります。

 

 

クレジットカード払いに対応している歯科であれば、この分割払いも利用できます。ただし、これも金利手数料が高くなるデメリットがあります。

 

カードを持っていればローンと異なり審査不要で使えるため、ローンを利用できないときに検討すると良いでしょう。現金での分割払いに対応している歯科もあります。

 

 

なお、現金やクレジットカードの分割払いで必要になる金利手数料は歯科によって異なっており、不要なものもあります。

 

デンタルローンよりも分割回数が少なくなりますが、それでも問題なく返済できる金額であればこれを利用した方が得になります。

 

そのため、利用する歯科で対応している支払い方法の詳細を確認してからどれを利用するか検討しましょう。

 

スポンサードリンク

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ