東北銀行 デンタルローン審査のコツ

東北銀行 デンタルローン審査のコツ

東北銀行 デンタルローン審査のコツ

 

医療費が高くなる場合は医療ローンを組んで支払うことも多いですが、歯科の治療の場合はデンタルローンが選ばれることとなります。

 

そしてデンタルローンはあくまで歯の治療目的のローンですので、その他の用途に使うことはできません。

 

デンタルローン以外の方法では銀行のカードローンやフリーローンも便利で、歯科治療以外にも様々な分野で役立てることができます。

 

東北銀行・とうぎんにも様々なローンが用意されていますので、活用してみてはいかがでしょうか。

 

東北銀行のフリーローンではイーノスというサービスが用意されて降り満20歳以上、完済時の年齢が満71歳未満の安定継続した収入のある方が対象です。

 

500万円までの借入に対応しており、使途は自由となっています。

 

この場合は自宅、勤め先のいずれかがとうぎんの営業区域内でパートアルバイト、専業主婦、年金受給者の方にも対応しています。

 

カードローンを利用する場合は満20歳以上、66歳未満の安定した継続的な収入のある方が対象です。融資金額は500万円まで対応しており使い道は自由です。

 

こちらの場合も自宅、勤め先のいずれかがとうぎんの営業区域内であることも条件です。

 

フリーローンの場合もカードローンの場合も契約時には担保や保証人は必要ありません。

 

東北銀行デンタルローン審査口コミ

 

デンタルローンに申し込むなら、近くに店舗がある東北銀行で便利だと考えていたところ、

 

東北銀行にはデンタルローンそのものがないため、借りるどころかデンタルローン審査も受けられないことがわかり、しばらく落ち込んでいました。

 

ほかの銀行もそうなのかなあと思って調べていて、使い道自由のフリーローンやカードローンを利用すればいいという口コミを読みました。

 

これなら自分でも大丈夫そうだと思い、早速検討を始めました。

 

カードローンであれば、15時までに申し込むと即日解答がもらえるということだったので、カードローンの方にしました。本当に当日中に電話連絡をもらえました。

 

その後、店舗に行って正式に契約をしました。銀行系のローンは審査に時間がかかると聞いていたので、早くてびっくりしました。

 

医療費や歯科治療費に充てるために、東北銀行カードローンに申し込みを考えている方に一度検討してもらいたいのが、東北銀行のフリーローン(無担保型)です。

 

フリーローンとは文字通り自由に使用できるローンで、カードローンと同じたぐいです。

 

ただ繰り返し借り入れはできず、一度借りたら後はひたすら返済していく形となります。

 

カードローンに比べ利便性は低いのですが、その分金利は年5.975%とかなり低いです。

 

使徒証明書を提出できれば医療費や歯科治療にも使用できます。

 

これらの費用以外で特にお金を借りる予定がないのであれば、カードローンで借りるよりも断然お得です。

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ