三井住友銀行カードローン審査のコツ

三井住友銀行カードローン審査のコツ

三井住友銀行カードローン 詳細

 

三井住友銀行カードローン

 

・三井住友銀行カードローンの金利 年1.5%−14.5%
・契約限度額は10万円ー800万円
・毎月のご返済額は2000円から
・全国の三井住友銀行ATM、および提携コンビニATM手数料無料

 

 

三井住友銀行カードローンはデンタルローン、メディカルローンに使える?

 

三井住友銀行カードローンの資金使途は事業性資金以外であれば自由に利用可能です。

 

例えばマイカーローンであれば車の購入資金に、住宅ローンであれば住宅や栃の購入資金の為のローンです。

 

デンタルローンであれば歯科治療費に、メディカルローンであれば入院や手術など医療費に使用することが出来ます。

 

この様に、基本的にローンというのは予め資金使途が決まっており、これを目的別ローンと言います。

 

決められた資金使途以外の事には使うことが出来ません。

 

ですがカードローンは自由に使うことが出来ます。

 

さすがに住宅ローンやマイカーローンには不向きです。

 

歯科治療費や医療費など高額な費用でないものであればおすすめです。

 

三井住友銀行カードローンなら最短翌営業日融資も可能です。
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によって異なる場合もございます。

 

急ぎで費用を払わないといけないと言う場合でも安心です。

 

三井住友銀行カードローンは銀行カードローンだけあって金利は比較的低めです。

 

ただそれもあくまでもカードローンの中での話です。

 

三井住友銀行カードローン審査のコツ

 

マイカーローンや住宅ローン、デンタルローンやメディカルローンと比べるとかなり金利は高いといえます。

 

実際に金利を比較していただければお分かりの通り、10%以上もカードローンの方が金利は高いです。

 

 

三井住友銀行カードローンの金利は高い?

 

何故カードローンの金利は高いのでしょうか?

 

まず担保・保証人が不要なことです。

 

普通、金融機関からお金を借りるとなれば担保や保証人が必要となります。

 

これは万が一のときのための保険で、債務者が返済できない場合に土地や建物を売却したり保証人から債権を回収するためです。

 

債務者から回収不能となっても別の方法で回収できる手立てがあります。

 

ある程度高額な貸し付けも可能なのです。

 

しかしカードローンでは担保も保証人も不要です。

 

利用者からすれば家族や友人に迷惑をかけずに借りられるのでありがたい事です。

 

 

 

金融業者にとって、債務者が返済不能になっても誰も責任を取ってくれませんので、かなりリスクは大きいです。

 

それならば、担保や保証人をつければ良いのでは?

 

と思うかもしれません。

 

それではカードローンのメリットでもある気軽に借りることができなくなってしまいます。

 

ましてや余計な手続きが必要となりカードローンの取り柄でもある融資スピードが遅くなってしまいます。

 

ですから担保や保証人を取らない代わりに、少しでもリスクを減らすために金利を高く設定しているのです。

 

スポンサードリンク

 

三井住友銀行カードローンの金利が高い理由

 

金融機関にとって最大のリスクは、貸したお金を返してもらえないことです。

 

実はお金を借りている人の内、全体の2割以上が返済されていません。

 

要するに貸したお金の2割近くが返ってこないのです。

 

このようなリスクを少しでも軽減するために金利を高くしています。

 

以上の理由からカードローンの金利は高めに設定されています。

 

どちらで借りるのが良いのかよく考えてから申し込みしてくださいね。

 

三井住友銀行カードローン審査のコツ

 

近ごろでは、より健康的な美しい歯を目指して、積極的に歯科医院に通っている人が幅広い世代で増加してきています。

 

歯並びの矯正やホワイトニング、インプラントなど、高額な治療費用がかかる最先端の治療法を受けたいと願っている人も急速に増加してきています。

 

そのような人々にとって非常に便利で役立つサービスが、三井住友銀行のカードローンです。

 

三井住友銀行のカードローンサービスは、一度に支払うことが難しい高額な歯科治療費用を銀行から借り入れが可能です。

 

そのため、毎月一定額を返済するだけで計画的に理想的な美しい歯を手に入れることができると喜ばれています。

 

徹底的に歯を美しくしたいと考えている患者にとって、

 

健康保険の適用のない治療は高額で受けることが非常に困難です。毎月少しずつ支払いながら、治療。

 

三井住友銀行カードローンは、多くの人々からも高い満足度と評価を集めています。

 

このように、便利なカードローンの審査に通るには、条件に合った年齢と、延滞履歴などのないことが挙げられます。

 

審査通過すれば、三井住友銀行のカードローンを始められます。

 

スポンサードリンク

 

三井住友銀行でカードローン審査手順

 

大手銀行の三井住友銀行が取り扱っている三井住友銀行カードローンですが、事業性資金以外であれば利用用途は基本自由です。

 

では、カードローンのように歯科矯正や歯の治療を目的として利用することはできるのでしょうか?

 

カードローンのように医療費に活用することはできるのか気になるところですが、

 

三井住友銀行カードローンでは利用する目的は基本的に問われません。

 

冠婚葬祭や急な入院費などでも対応することができます。

 

お金を借りたいと考えている方にとって非常に魅力的なサービスとなっています。

 

ただ歯科治療費用として活用できるかは気になるところですよね。

 

三井住友銀行カードローンは事業性資金以外であれば、利用用途が一切自由となっているので問題ありません。

 

 

はじめてカードローンを利用するにあたって、周りにきづかれにくくお金をかりいれできるのはありがたいですよね。

 

とはいえ、月々の返済が遅れる場合は職場に連絡が入ることもあります。

 

事前に相談しておけば対処してくれるケースもあります。

 

絶対電話がかかってこないという保証もないため遅れることなく返済することが大切です。

 

そのためにも月々の最低返済額には注目したいところ。

 

三井住友銀行カードローンの毎月の返済額2,000円からの設定となっています。

 

延滞という面でのメリットは小さいかもしれません。

 

※毎月のご返済額は、返済時点でのお借入残高によって約定返済額が設定されています。

 

ただ前述したように、返済期間は短くすることができます。

 

借入できるうえに負担が小さいので、各種ローンの代わりとしても使いやすいですよね。

 

ただ会社選びに大切なポイントはそれ以外にもあり、そのひとつがATM手数料です。

 

特に少額の利用の場合は、金利よりも手数料の方が高くなるということが少なくありません。

 

4ヶ月で完済することを考えると1ヶ月分以上の利息を支払うことになるので気づいたら意外と手数料を払っていたということになりかねません。

 

そのためカードローン会社を選ぶときにはATMの手数料のかからないカードローンを選ぶことが重要なポイントとなります。

 

最近のカードローンの中には提携コンビニATMを無料で利用できるカードローンもいくつかあり、

 

短期的な利用を考えているのであれば、レイクやバンクイック、三井住友銀行カードローンといったカードローンを利用するのがおすすめです。

 

またネットバンキングのカードローンもATM手数料無料としている会社もたくさんあるので利用しやすいですね。

 

歯科治療として利用する場合も金利や利息の負担は少しでも抑えたいもの。

 

利用目的に関してはほかのカードローンでも問われることはありません。

 

保証人なし、担保なしで借入できるからこその魅力もありますし、多くの方から利用されているのも納得の内容となっています。

 

カードローンは金利の高い商品が多いです。

 

アルバイトやパート、契約社員として働く場合であっても、毎月安定した収入さえあれば申込可能です。

 

はじめて借入を利用するという方に対してもオペレーターが丁寧に対応してくれますし、

 

不安ごとやわからないことは事前に相談することもできるので何か気になるという方は一度相談してみてください。

 

何かとお金が必要となる現代においてカードローンは無くてはならない存在になってきました。

 

数あるカードローンの中でもできることなら利便性が高く、使い勝手のよい会社を選びたいもの。

 

三井住友銀行という銀行ならではのサポート体制も充実。

 

スマホやパソコンから手軽に申し込めるのでぜひお勧めしたいカードローンとなっています。

 

 

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ