百十四銀行デンタルローン審査のコツ

百十四銀行デンタルローン審査のコツ

百十四銀行デンタルローン審査のコツ

 

デンタルローンは歯科治療の治療費の捻出のために使われるローンのことです。

 

歯科治療では、インプラントなど未承認の治療法が多用されるため、保険適用外となって全額自己負担となると、多額の治療費が発生します。

 

歯科治療は早期の治療が重要であるため、治療費が急に用意できない場合にはデンタルローンが非常に役に立ちます。

 

百十四銀行は香川県高松市に本社のある地方銀行であり、香川県では最大の地方銀行となっています。

 

百十四銀行のデンタルローンはフリーローンという形で借りることができるようになっています。

 

デンタルローンでの審査のコツに関してですが、デンタルローンの審査は他のローンと比較すれば比較的甘めです。

 

借入時に収入証明書は必要とならないため、収入が低水準の方でも比較的審査が通りやすくはなっています。

 

百十四銀行のフリーローンの案内を見ても、パート、アルバイトでも融資が受けられるとされているので、

 

収入の水準に関しては比較的ハードルは低いものと考えられます。

 

しかしながら安定収入がある必要があります。

 

そして保証会社の保証を受ける必要があるため、その保証会社の審査に通る必要があります。

 

そのためには他の金融機関での借り入れで返済の滞りがあったりすると不利になる可能性があります。

 

1年程度は返済の滞りがない状態にしておきましょう。

 

百十四銀行カードローンはデンタルローン、メディカルローンに使える?

 

 

百十四銀行カードローンで医療費や歯の治療費の支払いを検討している方もいるかと思います。
百十四銀行カードローンのメリットは低金利であるだけでなく、資金の使いみちが自由であることも挙げられます。
事業性資金以外であれば使いみちは自由ですので、医療費や歯の治療費の支払いにも問題なく使うことが出来ます。
しかし、医療費など医療機関に対して支払いするものにはメディカルローンやデンタルローンと言った専用のローンも用意されています。
カードローンとはまた違った内容のローン商品ですがどっちで支払うのが良いのでしょうか?
今回は百十四銀行カードローンとデンタルローン・メディカルローンについて解説していきます。

 

そもそもメディカルローンやデンタルローンとはどのようなローンかご存知でしょうか?
メディカルローンとはその名の通り医療行為をする時に使用するローンのことで医療ローンとも言われています。
同じくデンタルローンは歯の治療等特定の医療行為に対して使用できるローンです。
どちらも使徒は検査や治療など特定の支払いに限定されます。

 

日本は国民皆保険制度により医療費等の支払いは、基本的に自己負担は3割で済みます。
しかし全ての検査や治療が保険適用となるわけではなく、例えばレーシックや美容整形、インプラントなどは保険適用外となり高額な費用が必要になります。
現金一括で支払いできれば良いですが、中々そうもいきません。
かと言って支払いできないから施術を諦めるなんてことはしたくないですよね。
検査や治療を受ける必要があるまたは受けたい、けど一括で支払いすることが出来ないと言う人のためにあるのがメディカルローンやデンタルローンなのです。

 

メディカルローン・デンタルローンは各クリニックと提携している信販会社と契約することになります。
勘違いされている方も多いのですが、クリニックと契約するわけではなく、そのクリニックが提携している信販会社と契約を結ぶ形となります。
当然審査があり、審査を通らなければ利用することは出来ません。
治療を受けるクリニックなら必ずローンを利用できるというわけではないのです。

 

メディカルローンやデンタルローンを利用するメリットは金利にあります。
使徒が医療行為など特定のものに限定されているため、カードローンに比べリスクが少ないため金利が低いローンが多いです。
百十四銀行カードローンですと金利は上限で12.0%前後ですが、メディカルローンやデンタルローンは上限でも5%前後のものがあったりします。
カードローンで借りるよりも断然金利がお得になりますので、利用するメリットが大いにあると言えます。

 

例えば治療費で100万円かかったとして、百十四銀行カードローンで金利12%で支払う場合とメディカルローンで金利5%で借りる場合とで利息負担を比較してみましょう。
ここでは分かりやすいように1年後に完済すると仮定して計算します。

 

まず百十四銀行カードローンです。
100万円×12.0%=12万円
次にメディカルローンです。
100万円×5%=5万円

 

如何でしょうか?
両者の利息額は7万円も差が出てしまうのです。
最も1年後に一括で返済するという返済方法は取れませんので、極端な計算といえます。
しかし月々の分割払いだとしても利息はメディカルローンで借りるほうが圧倒的にお得であることに変わりはありません。

 

メディカルローン・デンタルローンにはデメリットもあります。
まず低金利であるために審査基準が厳しいということです。
使徒が限定されるためカードローンに比べるとリスクは少ないですが、金利が低いがために確実に返済できるような人でないと借りる事は出来ません。

 

またカードローンのように繰り返し借入が出来ません。
完済するまでは追加で融資をうけることが出来ませんので、利便性は低いです。
最も余計な借金を抱え込まなくて良いので逆にメリットでもあると言えます。

 

お金を借りる目的が医療費など以外に使いみちがないというのであればメディカルローンやデンタルローンで借りるのが良いでしょう。
逆にそれ以外のことでもお金を使う目的があるという場合は、百十四銀行カードローンでお金を借りると良いのではないでしょうか?
自分の目的に適している方でお金を借りるようにしましょう。

 

百十四銀行デンタルローン審査口コミ

 

現在オペレーター業務で香川県内で働いています。以前から歯並びが気になっており、

 

特に笑う時は口元を手で隠すなどして、目立たないように誤魔化していました。

 

いつか歯列矯正をしたいと思っていたのですが、高額な治療費のため断念せざるを得ませんでした。

 

ところが、最近になってデンタルローンを知り、口コミによると契約社員でも大丈夫とのことで、百十四銀行に申し込みました。

 

百十四銀行には歯科専門のローンは無いため、デンタルローン審査ではなく使い道自由のフリーローン審査を受け、翌日審査結果が届き、無事通過できました。

 

7年間で返済できるので月々の負担を大分抑えることができます。憧れだった歯列矯正も受けることが出来、口元を手で隠す必要も無くなり、とても満足しています。

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ