横浜銀行 デンタルローン審査のコツ

横浜銀行 デンタルローン審査のコツ

横浜銀行カードローン

 

金利 1.9%−14.6%
借入限度額 10−1000万
ATM利用手数料無料 ※一部ATMを除きます
来店不要でWEB完結
PC、スマホで24時間申し込み可能

 

 

 

横浜銀行 デンタルローン審査のコツ

浜銀の愛称でも知られる横浜銀行では「デンタルローン」というサービスは扱っていないので、

 

インプラント治療、歯科矯正治療など、歯科治療においての高額な費用をローンで払いたい場合、

 

他の多くの金融機関と同様に多目的ローン、フリーローンを組んで、それを歯の治療費に充てる形になります。

 

横浜銀行の多目的ローンは用途に応じて「ライフサポートローン」と「フリーローン」が用意されています。特に「ライフサポートローン」は借入の上限金額が高く、他の金融機関と比べても低い金利が魅力なので、デンタルローンに適しています。

 

「ライフサポートローン」の申し込みにあたっては、店頭でリーフレット兼申込書を貰ってきて郵送やFAXを利用する方法もありますが、WEB上で申し込むのがお勧めです。

 

手軽な上に、インターネット申込限定金利プランによって金利を下げることができます。浜銀との取引状況によっては金利は更に割引されます。

 

審査の際には歯科治療の見積書(資金使途確認資料)や収入証明書が必要になりますが、見積書が無い場合でも仮の審査を受けられるので、歯科医院に来院する前に受けてみても良いかもしれません。

 

信用情報に関しては、安定した収入があり、過去に返済遅れや滞納が無ければ問題ないでしょう。

 

横浜銀行のフリーローンは教育ローンに使える?審査基準と在籍確認情報

 

横浜銀行カードローンはインターネットから気軽に申し込みすることができ、申し込み条件を満足していたり横浜銀行が定めている審査基準にパスすると融資を受けることが可能です。

 

横浜銀行のフリーローンは教育ローンと比較すると審査に通りやすい特徴があり、教育ローンの場合は年率2.10%〜2.80%という低金利ですがカードローンより審査基準は厳しいです。情報に問題があると審査に落ちるケースが高いと言えます。

 

教育ローンの審査に落ちてもキャッシングの審査に通る可能性もあるのでスタッフと相談することをおすすめします。学費のために融資が必要ならカードローンも検討すると良いでしょう。

 

横浜銀行はカードローンと同じ金利のフリーローンがあり、カードローンの場合限度額内なら自由に借り入れすることが可能です。フリーローンの場合は一括で融資が行われますが借入した後は返済していくことになります。

 

借り入れや返済方法などは多少異なりますが、金利は同じなので審査基準にほとんど同じです。借金を増やすことに抵抗がある人はフリーローンを洗濯すると良いでしょう。横浜銀行はクレジットカード機能やカードローン機能が搭載されている「バンクカード」という商品もありますが、お金を借りるだけなら審査は比較的通りやすいと言えます。

 

バンクカードはカードローンの審査はもちろん、クレジット機能審査もパスしなければならないので保証会社が増えることになり審査基準は一層厳しくなります。審査に時間がかかるので単にお金を借りたいだけなら横浜銀行のカードローンがおすすめです。

 

横浜銀行カードローンは午前中に申し込んでおくと最短即日で審査の回答を受けることが可能です。但し、横浜銀行口座を持っていなかったり昼過ぎに申し込むと審査に時間がかかることもあり、カードローンを申し込んだのだが連絡が来ない場合は審査に時間がかかっているケースが高いと言えます。

 

要因として申し込みが混雑していたり提出した書類や申込情報に何かしら不備があるかもしれません。金曜日午後に申し込むと翌営業日以降に審査結果が持ち越されるので土日を挟み連絡が来ないこともあります。

 

2〜3営業日ぐらいの遅れなら審査に時間がかかっていて、2〜3営業日以上でも連絡が来ないなら登録した情報に誤りがあったりメール受信できていないことも考えられるでしょう。

 

念のため横浜銀行カードローンに連絡し確認することをおすすめします。横浜銀行は土曜日や日曜日・祝日などにカードローンの審査を行っておらず、インターネットの申し込みの場合は365日24時間対応ですが、審査自体は平日営業時間になります。

 

土日に即日融資は受けることができないので注意が必要です。金曜日午後にカードローンを申し込みしても、翌営業の月曜日まで審査が持ち越されることが多く契約まで3日以上かかることもあります。土日までに必ず融資が必要な場合は平日がおすすめです。

 

横浜銀行カードローンは他社借入があったとしても審査にはパスすることができ、申し込み条件として他社借入件数や借入額などに対して制限はありません。他社から借り換えしたり借金の一本化を行うのに便利です。

 

尚、他社借入が多過ぎると返済できないリスクが高くなるので、その分審査で不利になります。専業主婦の人も配偶者が安定した収入を確保しているなら審査に通ることができるので便利です。申し込み際本人の身分証明書だけを提出すると利用することができるので、配偶者に内緒で融資を利用することもできるでしょう。

 

尚、収入のない専業主婦の場合は限度額が上限50万円に制限されてているので注意が必要です。50万円以上の融資を必要な場合はパートやアルバイトなどを始め収入を持つと利用額をアップすることができます。

 

横浜銀行カードローンは必ず電話による在籍確認が実行され、在籍確認は利用者本人が電話に出なくても会社に在籍していると分かれば完了です。

 

原則的にこれは回避することはできず、中には電話が職場にかかってこなかった人もいるようですが基本的に確認は行われるでしょう。カードローンの在籍確認は周囲の人にばれないようきちんと配慮してくれるので、安心して対応することが可能です。過度に心配する必要はありませんが、インターネットから申し込んだ後自宅にいくつか郵送物が送られるます。

 

もし荷物を家族が受け取ると銀行でのカードローンがばれる可能性があるので、申し込んだ後は自分で必ず郵送物を受け取れるような準備が必要です。最初の郵送物を受け取ることが可能なら、その後横浜銀行からは郵送物が届くことはなく家族にキャッシングのことをばれる恐れはありません。

 

但し、返済延滞などがあると銀行から催促状などが届くことがあるので、家族にカードローンを利用していることがばれてしまうことがあります。きちんと返済を行うことによって延滞などがないよう注意が必要です。

 

 

横浜銀行デンタルローン審査口コミ

 

矯正歯科は保険が効かないので意外と治療費がかかります。

 

子どもの頃から歯並びが悪く、矯正歯科に通いたいと思ったのですが、費用が掛かるのであきらめていました。

 

しかし、大人になって働き始め少し金銭的な余裕が出てきました。

 

そんな中インターネットの口コミサイトで見つけたのが横浜銀行デンタルローン審査でした。

 

教育ローンやカードローンなら聞いたことはあったのですが、デンタルローンというのは初めて聞いたので驚きました。

 

横浜銀行は普段利用しているので安心感があったので選んだのですが、ローン審査が通るか不安でした。審査は比較的簡単に通りました。

 

治療費として総額80万円ほどかかったのですが、月々3万円を返済していきました。

 

人によって貸付額が異なるようですが、無理のない範囲で設定できるのが魅力です。

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ