新生銀行レイクデンタルローン審査基準 

新生銀行レイクデンタルローン審査基準

 

 

融資額  1万円〜500万円
貸付利率:4.5%から18.0%(実質年率)
返済方式:残高スライドリボルビングまたは元利定額リボルビング
必要書類:運転免許証(ない方は健康保険証等)
※30日間無利息もしくは5万円まで180日間無利息

 

審査結果を知りたい方もレイクなら安心で即日融資可能です。

 

※ 融資に対応しているのは平日14時までに、申込と必要書類の確認が完了した場合

 

 

 

新生銀行カードローンレイクはデンタルローン、メディカルローンに使える?

 

新生銀行カードローン レイクのカードローンは使用使徒が限定されていませんので自由に使うことが出来ます。

 

生活費や子供の教育費、急な出費など様々なことに幅広く使えます。

 

歯科治療や医療費など高額な費用がかかるものにも勿論使用可能です。

 

歯科治療費にはデンタルローン、医療行為にはメディカルローンと言ったように

 

それぞれ資金使途が限定されたローンもあります。

 

 

デンタルローンとは歯科治療費に限定した立替払い制度です

 

信販会社が患者に代わって歯科治療費を立替払いしてくれます。

 

患者は後から信販会社に対し治療費に手数料を加えた額を分割で支払う立替払契約のことをデンタルローンと言います。

 

 

矯正歯科治療やインプラントのように保険が適用されない治療は、

 

費用が高額となり中々治療に踏み出せない人も多いです。

 

そういった方に向け、月々無理のない負担額で支払えるデンタルローンを活用するのも1つの手です。

 

例えばインプラントなら1本で50万円前後、歯科矯正は100万円前後、セラミック製の差し歯なら1本で20万円前後と現金一括で払うのが難しいです。

 

 

デンタルローンは最大で84回払いまでOKで無理なく返済することが出来ます。

 

また資金使途が歯科治療費に限定されているため、利用限度額が最高500万円と高額な借入も可能です。

 

しかも分割手数料が優遇されることもあり、尚且つ医療費控除の対象となるので節税対策も出来るなど利用する側に沢山のメリットがあります。

 

 

メディカルローンとは医療行為をする時に使用できるローンです。

 

デンタルローンと同じ様に、資金使途が限定されたローンの1つです。

 

主に高額な医療費がかかる場合は保険の効かない治療や手術の費用に使われます。

 

 

新生銀行カードローン レイクのカードローンは資金使途が限定されていませんので、デンタルローンやメディカルローンといった治療費にも使えます。

 

ただ、どちらを選んだほうがお得なのかと言う疑問があります。

 

基本的にカードローンのように多目的として使用可能なローンは目的が限定されたローンに比べ金利が高めであることが多いです。

 

ですから金利面で見れば新生銀行カードローン レイクのカードローンより、デンタルローンやメディカルローンを利用するほうがお得です。

 

ですが必ずしも新生銀行カードローン レイクカードローンの方が、金利が高いとは限りません。

 

デンタルローンやメディカルローンの金利は扱っている医療機関やクリニックによって様々です。

 

重要なのは自分の状況や目的に合う方を選ぶことです。

 

 

例えば新生銀行カードローン レイクのカードローンは、無利息特約があります。

 

一定期間利息無しでお金を借りることができますので、短期で返済できるなら無利息で借りるほうがお得です。

 

利用限度額内であれば何度でも自由に借りられますので、歯科治療や手術費以外でお金が必要になった時でも役立ちます。

 

また新生銀行カードローン レイクは即日融資が可能です。

 

出来るだけ早くに治療を始めたいからお金が必要という場合でも、レイクなら申し込んだその日にお金を借りることも出来るので、早くに治療を開始できます。

 

 

 

デンタルローンやメディカルローンを選んだ良い場合は以下のとおりです。

 

取り扱っているクリニックや医療機関によっては金利を負担してくれる場合があります。

 

カードローンで借りるよりもお得になることがあります。

 

そういったローンを利用できるクリニックで施術を受けられるならカードローンで借りるよりも良いかもしれません。

 

またメディカルローンやデンタルローンは信販会社だけでなく銀行でも取り扱っています。
銀行のローンは低金利ですから、カードローンよりも安い金利で借りられることもあります。

 

 

資金の使いみちは歯科治療や医療行為に限定されますので、カードローンのように利便性は高くありません。

 

ですが元々治療費以外でお金を借りたくないという人や、カードローンだと無駄にお金を借りてしまうなど自己管理が出来ないという方は、

 

むしろ資金使途が限定されている方が良いでしょう。

 

この様に、どちらのローンが良いということではなく、自分の目的に合う方のローンを組むのが大切です。

 

よく比較検討してから申込むようにしましょう。

 

 

新生銀行カードローン レイクの無利息ローンについてのまとめ

 

 

新生銀行カードローン レイクのカードローンに申込む上で必要となる書類について解説していきます。

 

カードローンに申込む際は何かしらの必要書類がありますので、必ず確認しておくことが大切です。

 

必要書類は金融機関によって微妙に違いますので、新生銀行カードローン レイクでの必要書類を見ていきましょう。

 

 

 

新生銀行カードローン レイクで借りる際に必ず用意しなければいけないのが本人確認出来る身分証明書です。

 

本人確認が取れないと審査申し込みの時点ではじかれてしまい、お金を借りることができません。

 

しかし何故新生銀行カードローン レイクのカードローンの審査では本人確認書類の提出が必要なのでしょうか?

 

 

 

これはちょっと考えれば分かることなのですが、初めてあった人やよく知らない人にお金を貸してほしいと言われたときのことを考えてください。

 

その際、どこの誰かも分からない人に何の確認も取らないでお金を貸すことが出来るでしょうか?

 

おそらく名前と住所が記載された公的証明書の写しを要求するのではないでしょうか。

 

単にメモ用紙に名前と住所を書いて渡してくることもあるかもしれませんが、それでは正直信憑性にかけますよね。

 

もしかした嘘の情報ではないかと誰だって疑うはずです。

 

そう考えれば新生銀行カードローン レイクで本人確認書類の提出が必要になるのも納得できるのではないでしょうか?

 

 

 

ではレイクではどのような書類が本人確認として認められているのでしょうか。

 

基本的には運転免許証となりますが、持っていない場合は健康保険証・パスポート・特別永住者証明書/在留カードでもOKです。

 

日本国内に在住している外国人の方も身分を証明できる書類があれば新生銀行カードローン レイクでお金を借りることはが可能です。

 

但し永住権を持つ方のみ利用可能としていますので、この点は注意しましょう。

 

その理由は、永住権を持っていないとなるとお金を借りて返済せずに自分の国へ返ってしまう危険性があるからです。

 

また提出する書類には必ず顔写真が付いていないといけません。

 

 

 

提出する身分証明書に記載されている住所と、今住んでいる住所が違う場合は注意が必要です。

 

その場合は、身分証明書に追加して現住所を確認できる書類を提出する必要があります。

 

都市ガス・電気・水道・固定電話・NHKなど公共料金の領収書、住民票の写し、印鑑登録証明書のいずれか1点を提出します。

 

いずれも発行日から半年以内のものに限られますので間違えないでください。

 

 

 

新生銀行カードローン レイクのカードローンで必要となる書類はもう一つあります。

 

それは自分の収入を証明できる書類です。

 

但し、レイクの公式ホームページには「レイクの借入額が100万円を超える場合には収入が証明できる書類の提出をお願いします」と記載されています。

 

という事は100万円を超えない場合は収入証明書の提出はしなくて良いということになります。

 

100万円を超える融資額はレイクにとって大口の融資と考えているため、返済能力に問題ないかをきちんと確認するためです。

 

 

 

新生銀行カードローン レイクで収入証明書として認めているのは、源泉徴収票・所得証明書・納税通知書・住民税決定通知書となります。

 

いずれも前年度分のものしか利用できませんので気をつけてください。

 

公的年金等の源泉徴収票と退職所得の源泉徴収票は使えません。

 

上記いずれかの書類を提出できない場合は、直近3ヶ月以内で連続した2ヶ月分の給与明細書の提出でも問題ないようです。

 

 

 

 

消費者金融でお金を借りる場合は、申込金額が50万円を超える場合に収入証明書の提出が必要となります。

 

ですがレイクの場合は100万円を超えない限りは原則不要となります。

 

これはレイクが総量規制対象外のカードローンだからという理由からです。

 

総量規制とは借入限度額を年収の3分の1までに制限する法律です。

 

総量規制の対象となる消費者金融では収入証明書の提出条件がやや厳し目に設定されているのです。

 

 

 

以上、新生銀行カードローン レイクの必要書類は本人確認書類と、借入額によって必要となる収入証明書の2点となります。

 

簡単な書類のみで申し込めるのはありがたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

新生銀行カードローン レイクの無利息ローンの必要書類について

 

 

 

新生銀行カードローン レイクのカードローンに申込む上で必要となる書類について解説していきます。

 

カードローンに申込む際は何かしらの必要書類がありますので、必ず確認しておくことが大切です。

 

必要書類は金融機関によって微妙に違いますので、新生銀行カードローン レイクでの必要書類を見ていきましょう。

 

 

 

新生銀行カードローン レイクで借りる際に必ず用意しなければいけないのが本人確認出来る身分証明書です。

 

本人確認が取れないと審査申し込みの時点ではじかれてしまい、お金を借りることができません。

 

しかし何故新生銀行カードローン レイクのカードローンの審査では本人確認書類の提出が必要なのでしょうか?

 

 

 

これはちょっと考えれば分かることなのですが、初めてあった人やよく知らない人にお金を貸してほしいと言われたときのことを考えてください。

 

その際、どこの誰かも分からない人に何の確認も取らないでお金を貸すことが出来るでしょうか?

 

 

おそらく名前と住所が記載された公的証明書の写しを要求するのではないでしょうか。

 

単にメモ用紙に名前と住所を書いて渡してくることもあるかもしれませんが、それでは正直信憑性にかけますよね。

 

もしかした嘘の情報ではないかと誰だって疑うはずです。

 

そう考えれば新生銀行カードローン レイクで本人確認書類の提出が必要になるのも納得できるのではないでしょうか?

 

 

 

ではレイクではどのような書類が本人確認として認められているのでしょうか。

 

基本的には運転免許証となりますが、持っていない場合は健康保険証・パスポート・特別永住者証明書/在留カードでもOKです。

 

日本国内に在住している外国人の方も身分を証明できる書類があれば新生銀行カードローン レイクでお金を借りることはが可能です。

 

但し永住権を持つ方のみ利用可能としていますので、この点は注意しましょう。

 

その理由は、永住権を持っていないとなるとお金を借りて返済せずに自分の国へ返ってしまう危険性があるからです。

 

また提出する書類には必ず顔写真が付いていないといけません。

 

 

 

提出する身分証明書に記載されている住所と、今住んでいる住所が違う場合は注意が必要です。

 

その場合は、身分証明書に追加して現住所を確認できる書類を提出する必要があります。

 

都市ガス・電気・水道・固定電話・NHKなど公共料金の領収書、住民票の写し、印鑑登録証明書のいずれか1点を提出します。

 

いずれも発行日から半年以内のものに限られますので間違えないでください。

 

 

 

新生銀行カードローン レイクのカードローンで必要となる書類はもう一つあります。

 

それは自分の収入を証明できる書類です。

 

但し、レイクの公式ホームページには「レイクの借入額が100万円を超える場合には収入が証明できる書類の提出をお願いします」と記載されています。

 

という事は100万円を超えない場合は収入証明書の提出はしなくて良いということになります。

 

100万円を超える融資額はレイクにとって大口の融資と考えているため、返済能力に問題ないかをきちんと確認するためです。

 

 

 

新生銀行カードローン レイクで収入証明書として認めているのは、源泉徴収票・所得証明書・納税通知書・住民税決定通知書となります。

 

いずれも前年度分のものしか利用できませんので気をつけてください。

 

公的年金等の源泉徴収票と退職所得の源泉徴収票は使えません。

 

上記いずれかの書類を提出できない場合は、直近3ヶ月以内で連続した2ヶ月分の給与明細書の提出でも問題ないようです。

 

 

 

消費者金融でお金を借りる場合は、申込金額が50万円を超える場合に収入証明書の提出が必要となります。

 

ですがレイクの場合は100万円を超えない限りは原則不要となります。

 

これはレイクが総量規制対象外のカードローンだからという理由からです。

 

 

総量規制とは借入限度額を年収の3分の1までに制限する法律です。

 

総量規制の対象となる消費者金融では収入証明書の提出条件がやや厳し目に設定されているのです。

 

 

 

以上、新生銀行カードローン レイクの必要書類は本人確認書類と、借入額によって必要となる収入証明書の2点となります。

 

簡単な書類のみで申し込めるのはありがたいですね。

 

 

 

 

 

新生銀行カードローン レイクカードローンの返済方法は?

 

新生銀行カードローン レイクのカードローンでお金を借りたけど返済方法がわからない、という方もいるのではないでしょうか?

 

借りる前に金利や限度額を気にされる方は多いですが、返済方法を確認している方は少ないかもしれません。

 

そこで今回は新生銀行カードローン レイクカードローンの返済方法について解説していきます。

 

 

新生銀行カードローン レイクの返済方法は充実しています。

 

 

他行のカードローンですと、返済法が口座引落のみだったりATMのみだったりと選択肢が少ないケースも。

 

しかし新生銀行カードローン レイクは利用者の都合に合わせた返済方法を選べますのでかなり自由度が高いです。

 

嬉しいことに手数料は無料で支払いできる返済方法もありますし、早朝や深夜でも返済可能な方法も用意されています。

 

 

 

新生銀行カードローン レイクの返済方法は、Web返済・レイクATM・自動引落・銀行振込・提携ATMがあります。

 

ではそれぞれの返済方法について詳しく見ていきましょう。

 

 

 

Web返済はインターネットバンキングを利用した返済方法です、会員サイトにログインすることで利用できます。

 

パソコンは勿論スマートフォンやケータイからでも返済でき、24時間365日何時でも何処にいても返済かのうと非常に便利です。

 

しかも振込手数料は一切かかりません。

 

インターネットに繋がる環境にあれば何処にいても返済できるので、出張や外出時でも期日に遅れること無く返済できるので安心です。

 

利用可能な銀行もかなり多いですから心配は必要ないでしょう。

 

 

 

次にレイクATMでの返済方法についてです。

 

レイクATMは自動契約機に併設されているのが殆どで、新規で契約した会員が直ぐにでも利用できるようにと考えて設置されています。

 

もちろん借入だけでなく返済も可能ですし、手数料は無料です。

 

しかも驚くことにお釣りが出てくるのです。

 

ATMはお釣りが出ないタイプが多いですが、レイクなら金額が細かくなる返済でも安心ですね。

 

レイクATMの利用可能時間は平日と土曜日は7時30分から24時まで、日曜祝日は7時30分から22時まで、毎月第3日曜日は7時30分から20時までとなります。

 

返済時に発行されるレシートには利息額・元金充当額・借入残高がしっかりと記載されています。

 

その場ですぐに確認できるので計画的に返済するのに役立ちますね。

 

お釣りの出るATMですから一括返済するのに利用できます。

 

 

 

 

自動引落返済は事前に申し込み手続きが必要となります。

 

一度手続きしてしまえば毎月会員の口座から自動的に返済が可能です。

 

返済日になれば勝手に引き落とされますので返済忘れを防げるので安心です。

 

またわざわざATMに行く必要が無いので忙しくて時間がないという方でも簡単に返済できて便利ですよ。

 

 

パソコン、スマホ、ケータイから会員サイトにログインして、口座振替の申込用紙を印刷しレイクへ郵送すればOKです。

 

自動引落の日にちは14日若しくは27日のいずれかを選択できます。

 

自身の給料日に合わせられますので便利ですね。

 

 

 

新生銀行カードローン レイクカードローンは銀行振込での返済も可能です。

 

レイクの口座へ直接振り込む方法で、レイクATMやコンビニのATMが近くにないという場合に適した返済方法です。

 

但し利用には手数料がかかる上に、時間制約もありますのであまり便利な返済方法とは言えません。

 

 

 

そして最後に提携ATMでの返済方法です。

 

レイクでは提携ATMからの返済も手数料は一切かかりませんので気軽に返済できます。

 

コンビニに設置してあるATMで返済可能ですから、コンビニに寄ったついでに返済ということも出来ます。

 

コンビニなら全国何処にでもありますので一番メジャーな返済方法といえるのではないでしょうか?

 

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス等など、一口にコンビニと言っても様々ですから、利用場所に困ることはないです。

 

 

 

では次に返済方式と金額について見ていきましょう。

 

新生銀行カードローン レイクの返済方市区は「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」の2つです。

 

残高スライドリボルビング方式は、利用残高に応じて返済金額は変わる返済方式です。

 

例えば利用残高が50万円以下なら返済金額は12000円、40万円以下なら9000円といったように残高が少なくなれば返済金額も下がっていきます。

 

但し、返済金額が少なくなるということは、元金充当率が下がるということですのでその分返済期間が伸びるというデメリットもあるので注意してください。

 

 

 

元利定額リボルビング方式は、元金と利息の合計額を借入残高と関係なく定額で返済していく方式です。

 

 

スライドリボルビング方式とは異なり、借入残高が減ったからと言って返済金額が減ることはなく、常に一定額で返済ができます。

 

ですから早く返済できるメリットがあります。

 

 

 

新生銀行カードローン レイクカードローンは一括返済が可能です。

 

その際は、会員サイトにログインまたはフリーコールに電話して返済額を確認する必要があります。

 

と言うのも、利息は日割り計算ですので日数がかさむごとに利息額が増えるためです。
ですから確実に返済できる日に返済額を確認するのが良いでしょう。

 

一括返済はレイクATMがオススメです。

 

レイクATMならお釣りが出ますので、端数が出ても安心です。

 

 

 

レイク銀行カードローンは即日融資はできる?

 

 

 

新生銀行カードローン レイクのカードローンは即日融資が可能です。
昔は金融機関からお金を借りようものなら、それこそ時間のかかるものでした。
しかし新生銀行カードローン レイクなら申込んだその日でも融資をうけることが出来ますので、急いでいる時にも便利です。
ですが即日融資を受けるにも条件がありますので、誰でも必ずその日に借りられるというわけではありません。
ここでは新生銀行カードローン レイクで即日融資する方法について解説しています。
今日中にお金を借りたいという人は是非参考にしてください。

 

まずレイクで即日融資を受ける方法は2通りあります。
1つはネットから申し込みして銀行振込をしてもらう方法、もう1つは自動契約機でカードを発行しATMから借りる方法です。
ではそれぞれの即日融資方法について見ていきましょう。

 

ネットで申し込みして銀行振込で融資を受ける方法は、すべての手続をネット上で完結させることが出来ます。
銀行カードローンで契約するとなると窓口に出向かないといけないことが多いですが、レイクなら自宅にいながらでも融資を受けることが出来ます。
但し、銀行振込で即日融資を受ける際に注意点があります。
それは平日しか対応していないことです。
銀行振込となると、当然銀行の窓口が営業している時間帯に振込を完了させないといけません。
銀行窓口の営業時間は9時〜15時が殆どですから、15時を過ぎた場合の振込は翌営業日以降に振込反映されることになります。
ですから今日中にお金を借りたいのであれば、15時がタイムリミットということです

 

だからと言って、15時ギリギリに振込が間に合えば良いわけではありません。
新生銀行カードローン レイクの場合は、「14時までに申し込みと本人確認書類の確認を完了させる事」が条件となります。
この条件を満たしていると当日中に振り込んでもらいお金を借りられる可能性が高いということです。

 

また14時までに上記2つの条件をクリアしていれば、必ずその日に借りられるというわけでもありません。
申し込みが混み合っていて審査に時間がかかることも十分に考えられます。
ですからそれを見越して少しでも早くに申し込みだけでも済ませておくのが大切です。
ネットなら何時でも申し込めますから、早朝や前日の夜に申し込みしておくのが良いでしょう。

 

では次にローンカード発行での即日融資の方法を見ていきましょう。
銀行振込に間に合わない場合や、土日祝日に即日でお金を借りたい場合はカードを発行して借り入れする方法を選びます。
一般的な銀行ですとカードは郵送で受取となるので、即日で借りることは不可能ですが、レイクなら自動契約機にてその場でカードを受け取り出来ます。
ですからカードでも即日融資を可能としているのです。

 

自動契約機の場合は、銀行振込とは違い21時までに審査が完了すれば即日融資が可能です。
かなり時間に余裕がありますので、その日に借りられる確率が高いです。
自動契約機にて申し込みしてその場で審査結果を待つという方法も可能ですが、オススメはネットで申し込みしてから自動契約機で契約する方法です。
万が一審査に落ちてしまうことを考えれば、自動契約機で申込んだ場合は無駄足に終わってしまうからです。
またなれない場所で長時間待たされるのは結構な苦痛ですから、同じ審査結果を待つなら自宅でリラックスしていたほうが良いと思いませんから。
また必要書類に不備があると自宅に取りに戻ることもありますので、効率よく借りるならネット申込みのほうが良いです。

 

新生銀行カードローン レイクのカードローンは、即日融資できる環境が整っています。
審査は、申し込み者がきちんとお金を返してくれる信頼できる人かどうかを重点的に見ますので、どうしても時間がかかります。
しかし新生銀行カードローン レイクは独自の審査システムで、一番時間がかかるとされている審査を他よりも早く対応できるので即日融資が可能になっているのです。
今日中に何としてでもお金を借りたいという場合、新生銀行カードローン レイクカードローンの即日融資は非常に頼もしいですね。

 

 

レイク銀行カードローンの在籍確認は必ずある!

 

初めてカードローンを利用する時に心配なのは在籍確認ではないでしょうか?
申告した会社に在籍しているかどうか勤務先に電話しますので、その際に金融機関の名前を名乗られたら困りますよね。
新生銀行カードローン レイクカードローンではどのようにして在籍確認を行うのでしょうか。
電話で在籍確認となれば避けたいところですが電話無しで在籍確認は可能なのか気になるところです。

 

そもそも何故在籍確認を行うのでしょうか?
それは申し込み者に返済能力があるということを確認すること、申告内容に嘘がないかどうかを調べるためです。
在籍確認を行うことで収入があるという証明になり、その結果お金を貸すことが出来ると言う判断に繋がります。
中には勤務先を偽ったり無職なのに働いていると見せかけて審査を通過しようとする方もいます。
そのような人にお金を貸してしまえば、間違いなく返済してもらえず大損してしまいます。
ですから本当に返済能力があるかどうかを確かめるためにも在籍確認を行うのです。
という事は在籍確認自体をなくすことは出来ないということです。

 

残念ながら新生銀行カードローン レイクカードローンからの在籍確認の電話を避けることは出来ないようですね。
ですが在籍確認されたからと言って、職場の人達にカードローンを利用していることがバレル可能性はかなり低いと思って良いです。
と言うのも、新生銀行カードローン レイクでは担当者の個人名を名乗って電話するからです。
これはどの金融機関でもそうですが、第三者に借金していることを伝えるのは、法律に反するため社名を名乗らないようにしているのです。
銀行の場合は行名を名乗ること自体に問題はありませんが、レイクの場合は知名度が高いですから行名を名乗られてしまうとバレル可能性があります。
ですから基本的には担当者の個人名を名乗ります。

 

但し、会社によっては個人名からの電話には応じないところもあります。
これでは本人が電話に出ない限り在籍確認が取れません。
この場合は本人の了承を得て行名を名乗るとこもありますので、予め頭に入れておきましょう。
たまに保険会社を名乗ってください、〇〇病院と名乗ってくださいなど、嘘の社名を名乗るように希望される方もいます。
しかし偽名を名乗る行為は法律違反になりますので、このような要望には応じてくれません。

 

在籍確認の電話があってもバレルことは無いとは言え、どんな内容なのかはやはり気になるところです。
一体在籍確認では何を聞かれるのでしょうか?
ここでは本人が電話に出た場合と、本人が電話に出れない場合で解説していきます。

 

まず本人が電話に出た場合です。
ローン担当者「もしもし、私佐藤と申しますが、鈴木さんはいらっしゃいますか?」
勤務先の職員「はい、少々お待ちください」
本人「お電話変わりました、鈴木です」
ローン担当者「鈴木一郎(フルネーム)様でしょうか」
本人「はい、そうです」
ローン担当者「個人名で失礼しました。私、新生銀行カードローン レイクのカードローン審査担当の佐藤と申します。在籍確認が取れましたのでこれにて失礼します」

 

在籍確認は基本的にこれで終了です。
電話の内容は担当者によって若干違いますが、概ね上記のような感じで終わりです。
その場で、これ以上聞かれることはまずありませんので、周囲にも怪しまれることはないでしょう。

 

では本人が電話に出れない場合はどうなるのでしょうか。
ローン担当者「もしもし、私佐藤と申しますが、鈴木さんはいらっしゃいますか?」
勤務先の職員「鈴木は只今、席を外しています」
ローン担当者「そうですか。では後で電話します」

 

本人が電話に出れない場合は電話に出れない具体的理由を教えてもらえれば在籍確認は終了です。

 

如何でしょうか?
在籍確認を不安に思っている方は多いかもしれませんが、驚くほどあっさり終わってしまうものなのです。
しかも内容を見ていただければお分かりの通り、バレル可能性は殆どないと言って良いのではないでしょうか?
もし勤務先の職員がしつこく用件を聞いてきたとしても絶対に教えることはありませんので、その点も安心して良いです。

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ