北陸銀行 デンタルローン審査のコツ

北陸銀行 デンタルローン審査のコツ

北陸銀行 デンタルローン審査のコツ

 

北陸銀行 デンタルローン審査のコツ歯科で歯列矯正やインプラント、セラミックを使用を使用する場合には保険適用ではなく、

 

自由診療になる場合が多いです。

 

自由診療で治療をしてもらうのは治療が終わった時の満足はとても大きなものです。

 

しかし、費用が高額になります。

 

その金額を手持ちのもので直ぐに賄えない時もあります。

 

その時におすすめなのが北陸銀行 ほくぎんのらくらクイックの使い道自由なものを

 

デンタルローンとして利用することがおすすめです。

 

歯科矯正のお金は何十万単位でかかりますからね。

 

利用できるのは、収入が安定している満20歳以上の個人の方です。

 

完済時の年齢は満70歳未満となっています。

 

融資額は10万円以上300万円未満となります。

 

融資の期間は1年以上7年以内です。

 

金利は変動型金利と固定金利型のどちらかを選びます。

 

融資を受ける時には原則として担保や保証人は必要はないです。

 

歯科での治療をする場合にはなるべく早くに始める方が時間や精神的な負担も軽くなります。

 

口元を綺麗にすることは社会人としてのマナーともなります。

 

歯の治療をすることで、見た目が人の印象を大きく変えることもあります。

 

北陸銀行 ほくぎんのらくらクイックをデンタルローンとして利用し、

 

早く治療をして、支払いはゆっくりと生活に無理の内容に返済をしていくことをおすすめします。

デンタルローンじゃないほうが金利が安い場合もある?

デンタルローンを利用することによって、歯の治療費を利用する時にかかる費用を

 

低金利で建て替えてもらえるようにすることができると言われていますが、

 

デンタルローンを利用するよりも通常の銀行系カードローンや消費者金融を利用したほうが金利面で安い場合もあります。

 

デンタルローンは基本的に金利額は5%あたりと低いものから、

 

スルガ銀行のように7%あたりから11%付近と基本的に低金利に設定されているようなものが多く存在します。

 

確かに金利面では、通常の消費者金融やカードローンと比べると金利は安いのですが、銀行系のカードローンですと

 

金利がかなり低い利率で適用されているような会社が存在していたり、

 

かなり高額の治療費がかかるような場合には(400〜〜500万円レベル)

 

消費者金融でも下限の金利でしたら3〜〜4%付近の金利が適用されるような場合もありますので、

 

返済方法や額などをによってはデンタルローンよりも金利が低くなるようなこともあるのです。

 

(ただし、そこまで高額の治療費がかかったり、借入ができるようなことはなかなかないでしょうが。)

 

 

ですので、金利面でよりいい方法やものがあった時には却ってデンタルローンを利用しないほうが金利が安くなる可能性があります。

 

デンタルローンを利用する前に、いくら治療費がかかるかや、

 

金利がどうなるかといったようなことを計算しつつ利用しましょう。

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ