北日本銀行デンタルローン審査のコツ

北日本銀行デンタルローン審査のコツ

北日本銀行デンタルローン審査のコツ

 

岩手県盛岡市に本店がある北日本銀行は、この地域でよく知られている銀行の一つです。

 

デンタルローンとしてのローン商品はありませんが、デンタルローンとして十分対応できるカードローンとフリーローンがあります。

 

審美歯科や矯正、インプラントなどになれば、大きな金額が必要になりがちです。

 

そういった時に貸付限度枠が大きな北日本銀行のカードローンやフリーローンは、大変便利です。

 

10万円から500万円までの利用に対応する[きたぎんフリーローンASUMO」は、審査や借り入れ金額によって固定金利 年5.0% 年9.0% 年12.5%の中から決定します。

 

ひまわりポイント50ポイント以上、現時点でASUMOシリーズのローン契約を持っている、他からの借り換えを含むなど、一定の要件を満たすことで、固定金利は年4.0% 年8.0% 年11.5%まで優遇されます。

 

ボーナス併用返済も可能な元利均等毎月返済ですので、計画通りの返済ができます。人的保証を求められる場合もあります。

 

「きたぎんASUMOカードローン」は同じく10万円から500万円の貸付限度ですが、審査によって設定された貸付限度額の中で、自由に繰り返し利用できます。

 

年4.5%から年14.8%の金利。自動融資サービスが付帯していることは大変便利です。保証会社によって人的保証は求められません。

 

いずれも営業区域内に住んでいるか勤務していることが申し込めます。

 

北日本銀行のフリーローンはデンタルローンに使える?審査基準と在籍確認情報

 

北日本銀行にはフリーローン商品があります。限度額は1000万円までありますから、普通に考えればローンとしては十分に過ぎるくらいの金額と言えるでしょう。
もちろんどんな人にても最大1000万円まで融資してくれるわけではなく、実際にその人にいくらまで貸してくれるかは審査の結果次第です。

 

金利についても最大14.5%ですから、少なくとも消費者金融などからお金を借りるよりは有利なことは間違いありません。消費者金融であれば金利は最大18%程度とされていることが普通です。

 

たかが3%程度の差ではありますが、例えば100万円を1年間借りれば、3%の金利差というのは3万円の利息差となりますから、決して無視できるような額ではないでしょう。借りる金額がより高くなったり、借りる期間がより長くなったりすればこの差はさらに大きくなることになります。

 

さて、このキャッシングで借りたお金をデンタルローンに使うことはできるのでしょうか。それはもちろん可能です。北日本銀行のウェブサイトなどを見ていただければ分かりますが、フリーローンで借りたお金の使い道は自由です。車、家具、家電、冠婚葬祭などの例が挙げられており、その中にはしっかりと歯の治療という例も挙げられています。フリーローンという名前のフリーは使い道が自由という意味だからです。

 

ただ、使い道が自由とされていることから、その使い道によって審査基準が何か異なってくるのかというとそうではありませんので注意は必要でしょう。その意味では、利用目的が限定されたローン商品を利用したほうが良い場合もあります。利用目的が限定されたローン商品は一般的には金利が低いことが多いためです。初めから歯科治療のためにお金を借りたいと目的が限定されているのであれば、デンタルローン商品を探したほうが良いかもしれません。

 

なお、誤解のないように補足しておきますが、使い道が限定されているとかされていないなどという話を先ほどからしていますが、別に借りたお金そのものに印など付けられてはいないのではないかと不審に思っている人もいるかもしれません。

 

歯科治療目的でお金を借りたところで、そのお金を別のところに使ってしまっても金融機関には分からないのではないかということです。歯科治療そのものが完全に作り話であっても分からないかもしれませんし、そこまでのことは無くても、実際に歯科治療が行われる場合に、借りたお金は別の用途で使い、その後に自分のお金で歯科治療費を払ったとしても金融機関には分からないのではないかということです。

 

確かにそういうように考えることは分かりますが、もちろんそれでは使い道を限定し、その分だけ金利を低くしている意味がないことは明らかです。実際には、そういうことが起こらないような策がとられています。それはどういうことかというと、融資にあたって例えば歯科医院からの治療費見積書が必要とされたり、あるいは場合によっては申込者にお金を渡すことなく、金融機関から直接その歯科医院にお金が振り込まれたりするからです。

 

この方法であれば、申込者がそのお金を他に流用したりする余地はそもそもあり得ません。もちろん返済は申込者自身が金融機関に対して月々払いで行っていくことになります。

 

話を審査基準に戻しますと、フリーローンでは使い道を自由とした上での審査が行われます。基本となるのは、どれくらい安定した仕事をしていて、どれくらいの収入があるのかということと、後は今までに借りたお金の返済を遅らせたりしたようなことがないかということです。やはり、先立つものがないと返済はできませんから、収入面は重視されます。ただ、収入さえ安定していれば良いかというと決してそんなことはありません。収入は十分にあってもお金にルーズな人はいるものです。そういう人には安心してお金を貸すことはできません。

 

また、審査に関して在籍確認というキーワードがあります。これは、申込書に記載した勤務先に本当に勤務しているのか、金融機関の担当者が勤務先に直接電話をかけて確かめるものです。これは原則として必要な手続きとされており、会社に電話などかけて欲しくないと言っても避けるようなことはできません。

 

ただ、会社に電話をかけるとは言っても、フリーローンの申し込みであるというようなことは全く言われません。そういう事柄はプライバシーに関わることですから、銀行としても情報管理は非常に重視しています。また、確認の対象となるのはあくまでもその会社に在籍しているかどうかだけです。勤務態度はどうかとか、勤務成績は良いか、ましてや年収はどれくらいかなどを聞かれるようなことは一切ありません。

 

本人が電話に出ることさえ必須ではなく、電話に出た人の応対から、間違いなく本人がその会社の社員であることが分かりさえすれば在籍確認の電話はそれだけ終了してしまうことが普通です。

 

 

 

北日本銀行デンタルローン審査口コミ

 

永年歯並びが悪くて、歯科矯正が必要だとすすめられてきましたが、時間とお金が無かったので出来ませんでした。

 

40代になって歯並びの悪さで、顎が痛くなったので歯科矯正をする事を考え始め、デンタルローンの存在を知りました。

 

デンタルローンを調べていた時に、北日本銀行のデンタルローンの口コミの評判が良かったので、電話で相談しました。

 

ネットでデンタルローン審査の申請ができると説明されたので、個人情報を入力して申請しました。

 

デンタルローン審査を申請してから、数時間で審査結果が出て、希望金額の約200万円の分割ローンを組めました。

 

ローンの返済期間を長期に設定できたので、月の返済額は3万円程度で、歯の矯正治療を受ける事ができました。

 

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ