りそな銀行デンタルローン審査のコツ

りそな銀行デンタルローン審査のコツ

りそな銀行デンタルローン審査のコツ

 

歯並びというのは、白い歯が綺麗に横並びになっているのが理想的です。

 

ですがそういった歯並びは、生まれ付きや子供の頃の食事習慣といった要素に、大きく左右されてしまいます。

 

その結果、永久歯が生え揃った所で、デコボコで歪な歯並びになってしまう人は少なくありません。

 

ですが歯というのは、人目に付きやすい目立つ場所であるだけに、

 

歯並びが悪いとコンプレックスとなってしまうケースも珍しくないです。

 

なのでそういった人は、歯列矯正やインプラントといった歯科治療を受ける事で、綺麗な歯並びを手に入れたいと考えます。

 

ですがそういった歯科治療は、保険適用外であるため、治療費が高額となってしまうのです。

 

なのでそういった際は、りそな銀行でローンを組むという方法がおすすめです。

 

もっともりそな銀行には、デンタルローンという形で、歯科治療専用のローンは存在していません。

 

ですが用途が自由なフリーローンがあるので、それをデンタルローンという形で、活用する事が可能です。

 

しかもそのフリーローンは、最高で500万円まで借り入れ可能であるため、

 

りそな銀行のデンタルローンとして高額な歯科治療費にも活用出来ます。

 

そんなりそな銀行の審査をパスするコツですが、出来るだけ他社からの借り入れ件数を減らしておくのがポイントです。

 

なので少額借り入れしている場合は、りそな銀行への審査申し込みを行う前に、完済しておく事です。

 

埼玉りそな銀行のフリーローンはデンタルローン、カーローンに使える?キャッシング審査基準と在籍確認情報

 

埼玉りそな銀行のフリーローン、キャッシングですが、デンタルローンやカーローンに使えるのでしょうか。歯科治療やマイカーの購入となると、いくらかは自分の貯金でまかなうとしても、数十万円から場合によっては百万円を越えるようなお金が必要になってくることもごく当たり前のことです。

 

この質問の答えですが、デンタルローンやマイカーローンに利用することは可能です。別に禁じられてはおらず、それは借りた人の自由です、ということになるのですが、一方で、ではそれがおすすめできるかというと、さすがにそうとは言えない面があります。どうしてそういうことになるのか、説明していきましょう。

 

まず、フリーローンやキャッシングというのは、フリーという名前からも分かることなのですが、借りたお金を何に使うのかというのは原則として借りた人の自由です。何かどうしても買いたいものがあって、高額で自分ではお金が足りないからということが多いでしょう。あるいは、別に形のある品物ではなく、例えば旅行などのサービス商品も考えられます。ですが、別にまとまった価格の商品ではなく、日常的な生活費として利用しても全く問題はありません。

 

一時的な娯楽のため、たとえばパチンコや競馬の費用などに使うのは、社会的にみれば決して推奨されることではないでしょうが、こういうこことでさえ別に禁じられているわけではなく、借りた人の判断と責任の元で利用することはできます。

 

唯一、問題があるのは事業性の資金とすることです。会社員などの人には関係のないことでしょうが、自分で何か事業を営んでいる人で、その事業のための資金とすることは契約違反となります。あくまでも、自分の個人的な目的のために使うことが前提であり、自分が経営する会社の運転資金としてはいけないということです。もちろん、お金に印はついていないのですから、流用しても分からないかもしれませんが契約上は違反です。

 

また、一般論としてフリーローンで借りられる程度の金額のお金では、事業性資金としては焼け石に水であることも多いでしょうから、この意味でも適切ではありません。

 

デンタルローンやマイカーローンは、別に事業性資金ではなく、金額的にはかなり高いものかもしれませんがあくまで自分の個人的な利用ですから、フリーローンで借りたお金をそのために使っても別に問題ではありません。そういう意味で、質問の答えとしては可能ということになります。

 

ですが、いろいろな側面を勘案してそれが適切かどうかというのはまた話が別です。この側面で最も気になるのは借りたお金の金利でしょう。一般的にフリーローンというのは金利が高く、それだけ多くの利息をつけて返済していく必要があります。

 

一方で、デンタルローンやマイカーローンなど、借りたお金の利用目的が限定されているローンの場合は、金利がより低いことが通常です。この差があるために、可能ではあるが適切かどうかは十分に考えたほうが良いということになるのです。

 

どうして金利に差があるのかというと、ざっくばらんに言えば貸したお金が焦げ付いてしまって返してもらえなくなる可能性がフリーローンのほうが高いからということになります。

 

この理由を万人が納得するように説明するのは一言では難しいのですが、簡単には誰でもだいたい分かってもらえるでしょう。歯科治療のためとか、マイカー購入のためというように、借りたお金の使い道が明確に決まっており、しかも社会一般としてその使い道が健全なものである場合、借りたお金をきちんと返してくれる人は多いと期待してよいでしょう。

 

これに対して、何に使うかは借りた人の自由としてしまうと、中には、先ほども書いたように、必ずしも社会的に見て健全とは言い難いような使い方をする人がどうしても含まれてきてしまいます。そういう人は平均的な人よりも返済が滞る可能性が高いことは間違いないでしょう。

 

焦げ付いて返ってこなくなった分のお金まで他の人から回収できなければ金融機関としてやっていけませんから、金利はどうしても高くなってしまうのです。

 

結論として、使い道が明確にデンタルローンやマイカーローンのように決まっているのなら、フリーローンを流用するのではなくて、初めからデンタルローンやマイカーローンという金融商品を選んだほうが良いでしょう。それだけ金利が低く、返済額も少なくて済むからです。

 

ちなみに、フリーローンやキャッシングにおいては、審査が必ず行なわれます。そしてその中には在籍確認というものが含まれています。

 

これは、その人がきちんと仕事をしており、収入を得ている人であるかどうかということを、勤務先に電話をして確かにその会社に籍を置いていることを確認するためです。場合によっては、架空の会社名や、既に退職した会社名を勤務先として申込書に書くような人もいます。そういう人に間違ってお金を貸してしまうようなことがないように行われるのです。

 

 

埼玉りそな銀行デンタルローン審査突破

 

デンタルローンを利用する場合は治療を行う歯科医院で相談する方法もありますが、

 

デンタルローンだけではなく、治療代を用意できる方法はあります。

 

ローンを組む場合も銀行の場合は低金利で、

 

信頼性も高いこともあり、安心して利用できるといえるでしょう。

 

埼玉りそな銀行でローンを組む場合は様々な用途に活用できるフリーローンも便利です。

 

埼玉りそな銀行では不動産を担保に最大1億円まで利用できるローンもありますが、

 

歯科の治療費であれば、より限度額の少ない無担保のローンが向いています。

 

りそなプライベートローンは300万円まで対応しており

 

年収、勤続年数の条件なしで利用することができます。

 

りそなプレミアムフリーローンは500万円までの利用が可能で

 

返済期間は最長10年まで、年収400万円以上の方が対象となっています。

 

このほかにもカードローンも便利で最大800万円まで利用できるりそなプレミアムカードローンは年収400万円以上の方が対象です。

 

300万円型以下のコースなら原則収入証明不要です。口座のない方にも申込ができます。

 

クイックカードローンは30万〜100万円までに対応しておりパートやアルバイトの方にも対応しており、

 

年収や勤続年数は不問で手続きができます。

 

 

デンタルローンの審査は厳しいのか?

りそな銀行デンタルローン審査のコツ

デンタルローンという歯科治療目的専門のローンがあることを知っている人はそれなりにいるとは思いますが、

 

それほど知名度があるといえるようなローンではないと思われます。

 

それゆえ、デンタルローンの審査はどれくらい厳しいものなのかといったことを知らない人が多いと思いますが、いったいどれくらい

 

審査が厳しかったりするのでしょうか?

 

 

 

結論から言いますと、デンタルローンの審査については基本的に厳しいといわれているのが現状であります。

 

その理由といたしましては、デンタルローンで利用されるような歯科治療は基本的に保険適用がないような高額治療になるケースが多く

 

高額のお金の貸し付けとなりますと、やはり貸す側としても審査を慎重にならないといけないといわれています。

 

 

 

また、金利面でもデンタルローンは通常の貸し付けなどよりも金利が低いものですから審査はより厳しいものといえるのです。

 

一定の安定した収入がある方でも、お金を借りれないといったことはありますので、落ちる人は落ちやすいようです。

 

 

 

ですが、返済方法などかなり有利な面があるのも確かですので、デンタルローンが利用できるような状況でしたら

 

ぜひともデンタルローンを利用してみるといいでしょう。

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ