じぶん銀行 デンタルローン審査のコツ

じぶん銀行 デンタルローン審査のコツ

じぶん銀行 デンタルローン審査のコツ

 

歯科で治療をする時には、インプラントやセラミックと言った自由診療になる場合もあります。

 

しかし、そのような治療は費用が高額になります。その費用が急に入り用になった時に、直ぐに用意できない時もあります。

 

その時にはじぶん銀行でじぶんローン(カードローン)をデンタルローンとして利用することがおすすめです。

 

初めて申し込みをする時もとても簡単にスマートフォン、パソコン、携帯電話から申し込めます。お勤めの確認として勤務先に銀行名で連絡します。

 

学生の人や、主婦の方、年金受給者の方への連絡はしません。

 

内容確認のために、自宅、勤務先に連絡する場合もあります。

 

最大800万円まで借り入れができます。返済はATMで手数料無料で全国のコンビニで365日利用ができるのでじぶん銀行で利用するのはとても便利です。

 

返済金額は1000円からできるのもとても無理なく出来ます。

 

歯の治療はなるべく早くにすることが大切です。きちんと治療をして、仕事や生活を送る時に前向きな気持ちを持って進んで行ってもらいたいです。

 

そのためにデンタルローンとして利用されることは、自分のこれからのために必要な経費だとも言えます。見た目は社会においては大切なことです。

 

じぶん銀行 デンタルローン審査口コミ

 

学生のころから歯並びの悪さがずっとコンプレックスでした。それで思い切って歯の矯正をしようとかかりつけの先生に相談したのです。

 

治療の内容とともにかかる費用のことも詳しく説明してくれました。

 

やはり結構な金額になることがわかりましたので、デンタルローンを組んで治療に専念することにしました。

 

じぶん銀行で申し込みました。口コミでauユーザーには金利で優遇があると知ったからです。

 

デンタルローン審査にはスムーズに通ることができました。

 

月々の返済も1000円からと返済しやすい金額でした。

 

前もって借りたので途中でお金が足りなくなるのではという不安もなく安心して治療を受けることができています。じぶん銀行を利用してよかったです。

 

じぶんローンのキャッシングはおすすめ

 

金融会社から多くのお金を借りるとなると、たまに別途での書面提示が必要です。

 

例えばある金融会社の場合は、50万円以上の借り入れとなると書面が必要になってきます。

 

49万円以内であれば特に書面は必要無いのですが、50万円を超えるような金額の場合は現在の所得を証明する書面が必要です。

 

書面としては、まず最近の給与明細ですね。あくまでも直近の明細書であり、1年前や半年前などではありません。

 

それと確定申告を受けているのであれば、その際に発行されている書面でも構いません。

 

しかしそのような書面を提出するのが、ちょっと手間と考えている方もいらっしゃるでしょう。

 

もしもそのようにお考えであれば、じぶん銀行によるじぶんローンなどは良いと思います。

 

その銀行の場合は、300万円以下であれば特に書面は必要ありませんね。その分手間を抑えて、借りる事ができる訳です。

 

逆に301万円以上であれば、もちろんその書面が必要になるのですが。

 

ちなみに300万という数字は、数ある金融会社の中でもかなり高めです。

 

他の会社の場合は50万円や100万円を超えるような時には、たいてい上記のような書面が必要になるからです。

 

それも、この銀行の特徴の1つと言えるでしょう。

 

 

じぶん銀行カードローンの審査について デンタルローンでもお金借りれる?

 

じぶん銀行カードローンは、株式会社じぶん銀行が提供している融資サービスのことです。auで有名なKDDIと、メガバンクとして知られる三菱東京UFJ銀行が共同出資して誕生した銀行ですので、信頼感は抜群です。

 

このカードローンを使えばお金を借りられますが、デンタルローン目的で借りられるかという不安に関しては心配する必要はありません。というのも、このカードローンは使いみち自由なフリーローンのようなものだからです。条件として事業性資金として使うことは許されていないものの、その他の理由については特に問われません。契約内容さえ守ってれば、原則どのようなものに借りたお金を使っても構わないことになっています。

 

目的別ローンのように目的のものに使う証明書などを提出する必要がなく、審査時間や融資までの時間が短いなどのメリットがあります。

 

ただし、注意点がいくつかありますので、それを踏まえた上で申し込むことが大事です。病院で提供しているデンタルローンの場合だと、利用する料金に対する融資の審査を行うのがほとんどです。

 

審査が通れば、後は分割払いのように支払っていくだけですが、じぶん銀行カードローンは利用した料金に関係なく、上限額の範囲内で融資できる金額が審査によって決まります。借入希望額を伝えることができるものの、審査次第でそれよりも少ない融資に決定する場合があることを考えておかなければなりません。

 

カードローンでお金が借りられたとしても、病院に支払う必要のある料金の一部分だけで、後は貯金などから支払う必要が出てくるということです。

 

 

参考として、このカードローンで借りられる範囲は、10万円〜800万円までです。最高の800万円をいきなり借りられる人はほとんどいません。多くの人が数十万円くらいの融資に留まります。

 

ですので、高額の歯科治療を施して貰う場合だと、別にお金を用意する必要が出てきます。もし可能であれば、病院側で用意しているデンタルローンを利用するか、銀行の目的ローンを活用するのがおすすめです。
数万円から10万円近い料金であれば、多くの人がカードローンの融資だけで足りる可能性が高いですので、ぜひ活用したいところです。

 

金利については、カードローンのほうがやや高めです。年2.2%〜17.5%の金利設定です。年2.2%で借りられるなら随分と低金利でお得ですが、基本的に利用限度額が高く設定されているほど低い金利が適用される仕組みになっていますから、年2.2%は最高の800万円の借り入れが許されているクラスの人でもなければ適用されません。ほとんどの人が最も高い金利の17.5%になることを理解したいところです。

 

デンタルローンだとこれ以外の目的にお金を使わない分だけ、金利が低めです。支払い回数が多くなるほど高い金利だと利息の支払いが大きくなっていくことを理解することが大事です。できれば、じぶん銀行カードローンで借りたなら、少ない回数で返済する努力をしたいところです。auユーザーであれば、少し金利が優遇されます。とはいえ、優遇されるのは0.1%ですから、大幅に利息の負担が減るわけではありません。支払い回数を減らすほうが対策としては優れています。

 

 

返済額は1000円から受け付けてくれます。ですが、毎月1000円だと利用残高がほとんど減らず、支払い回数が増える要因になりますから、お金に余裕があるときに多めに返済するのがおすすめです。

 

 

じぶん銀行カードローンの場合だと、ATMを使っていつでも簡単に返済可能です。時間や回数に関係なく、ATMの利用手数料は無料です。

 

保証人や担保が不要で、じぶん銀行ユーザーであれば、収入証明書の提出だけで申し込めるのが特徴的なカードローンです。

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ